ポリフェノール

血管 を守る 赤ワイン の レスベラトール

ブドウに含まれる レスベラトロール はよく「不老長寿」「血圧を下げる」などと宣伝されています。

主成分
レスベラトロール
効能
心臓病や脳梗塞を防ぐ
副作用
なし
注意
ワルファリンやアスピリンとの併用は避ける

フレンチパラドックスを解く大事なポイント

レスベラトロール は、ベンゼン環が2 個つながったスチルベン系の ポリフェノール で、女性ホルモンのエストロゲンに構造も性質も似ているため ファイトエストロゲン ともいいます。
レスベラトロール は、植物がストレスや傷を負う、病原体に襲われる、紫外線に当たるなどピンチのときに、自衛のためにつくり出す物質です。

レスベラトロール

レスベラトロール

レスベラトロール それ自体は脂肪によく溶けるが、水には溶けにくい性質です。 レスベラトロール は1992年に赤ワインから発見され、脚光を浴びるようになりました。この物質こそ、フレンチパラドックス( フランス人の矛盾)を解くカギなのかもしれません、そんな期待が高まりました。

フレンチパラドックス とは、フランス人は、フォアグラなど脂肪分の多い食物を食べたり、タバコを吸っても、イギリス人やアメリカ人よりも心臓病が少ないという事実です。

ひょっとして、フランス人が愛飲するワインに心臓病を防ぐ秘密が隠されているのではと注目され続けてきました。その秘密を担うのは、 レスベラトロール なのではと期待されてきました。

1992〜1994年に発表されたWHO (世界保健機関) の調査によると、男性10万人当たりの心臓病による死亡率は、ドイツ人4 5 2 人、イギリス人4 1 7 人、アメリカ人3 9 9 人、ギリシア人3 7 8 人、日本人2 33 人、フランス人254人でした。

もともとコレステロール値が低い日本人は別として、フランス人はコレステロール値が高くても、アメリカ人やイギリス人にくらべて心臓病になりにくいのです。

フランス人は日本人と同じくらい平均寿命が長いのは、心臓が守られているからであるとわかります。これまで フレンチパラドックス は、 ワイン に含まれる抗酸化物質のおかげと説明されきましたが、今では、 レスベラトロール の 効果 であるという説が最有力となっています。

血管の病気を防ぐ

心臓病(心筋梗塞)と脳梗塞は血管の病気です。どちらも脂肪の塊が動脈のなかで破裂する瞬間にできる血栓が、血管を詰まらせることで発症します。血栓はこうしてできます。血液中に悪玉コレステロールと呼ばれるLDL(低密度リポタンパク質) が増えると、その一部が血管の内壁を形づくる内皮細胞のすきまをくぐり抜けて血管壁に入っていきます。

このコレステロールが、内皮細胞に存在する活性酸素によって酸化されます。こうしてできた酸化コレステロールが血管壁に蓄積すると、異物とみなした免疫系のマクロファージがどんどん食べます。

脂肪太りのマ クロファージ は泡状に見えるため、 泡沫細胞 と呼ばれています。 泡沫細胞 が巨大化したものを プラーク といいます。この プラーク が破裂し、血管のなかに放り出されます。これが血栓です。

もし、この血栓が大きいなら、心臓への血液の流れがとどこおったり、止まってしまいます。血液が止まった先にある細胞は、 酸欠状態 になり、長引けば 壊死 してしまいます。これが心臓で起きるのが 心筋梗塞 です。もし同じことが脳で発生すれば、 脳梗塞 です。

おわかりのように、心筋梗塞と脳梗塞は発生する箇所が 心臓 か、 脳 かで異なるだけです。どちらも血管に発生する血栓が原因です。 レスベラトロール は、いくつもの手投で血管を守ります。

まず、活性酸素を分解することで、悪玉コレステロール(LDL) の酸化を抑えます。血小板の凝集を妨げることで、血液凝固を防ぎます。

それから、いちばん大事なのが、 女性ホルモン様 の効果で、内皮細胞から一酸化窒素を放出し、血管を拡張させることです。女性ホルモンが受容体にドッキングすると、一酸化窒素をつくる酵素の遺伝子がはたらき、血管内皮から一酸化窒素が放出されます。

こうして血管が広がり、血液の流れがよくなります。そうなると血管内部にコレステロールが蓄積せず、 血栓 も生じにくくなります。女性の肌がすべすべなのは、血液の流れをよくする女性ホルモンのおかげです。

ところが、更年期になると 女性ホルモン が少なくなるので、血圧が上がり、脳梗塞も増えてきます。それを防ぐために、毎日1〜2杯

 

レスベラトロール の働き

  • 悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑える
  • 血小板の凝集を妨げる
  • 女性ホルモンのような効果
  • 血管を拡張させる
  • 肌をすべすべにする

の 赤ワイン が勧められています。 赤ワイン を飲まない人には、 レスベラトロール の サプ
リ での摂取が合理的です。

ガンにも

まだ細胞レベルでの実験結果ですが、 レスベラトロール が、 乳がん 、 前立腺がん 、 胃がん 、 直腸がん 、 すい臓がん 、 甲状腺がん などヒトに発生する多種類の がん細胞 の増殖を抑えることが確認されています。

発がん性物質 の投与によって がん を発生させた動物に、 レスベラトロール を エサ に混ぜて与えると、 食道がん 、 大腸がん 、 乳がん の増殖が止まりました。

 

けれど、経口投与では、 タバコ の 喫煙 で生じる 発がん物質 によって引き起こされた動物の 肺がん の増殖を抑制することはできませんでした。ヒトの がん に対する レスベラトロール の 効果 を試す治験は、まだ行われていません。

多くの研究者は、 レスベラトロール による がん予防 は「期待薄」と予測しています。 がん を予防するには、細胞 レベルでレスベラトロール が高い濃度に達しなければなりません。だが、この物質は人体に入っても迅速に分解されてしまうので、細胞で高濃度に達するのは無理と推察されるからです。

ヒトでの長寿効果は不明

摂取カロリーを制限すると寿命が延びることが、多くの生物種で知られています。カロリー制限をすると、酵母は「寿命延長因子(sir2)」というタンパク質をつくって長生きします。

そして、 レスベラトロール を酵母に与えると、カロリー制限をしなくとも70%も寿命が延びます。

同じしくみから、 線虫 や ショウジョウバエ でも レスベラトロール の長寿効果が確認されています。しかし、より高等な動物にも長寿効果があるかどうかは不明です。

たしかに、 レスベラトロール は試験管レベルでヒトの寿命延長因子のはたらきを高めましたが、それが本当にヒトの寿命を延長するかどうかまでは、証明されていません。

副作用はないが併用は避ける

レスベラトロール のヒトにおける毒性は知られていません。体重1 kg 当たり 300 mgの レスベラトロール をネズミに4 週間にわたって経口投与しましたが、副作用は見つかりませんでした。

妊娠や授乳期における レスベラトロール を含んだ サプリ の安全性については、データがありません。だが、妊娠や授乳期におけるアルコール摂取の安全性が確認されていないのと同じように、妊娠した女性は 赤ワイン など レスベラトロール の摂取を控えるべきです。 乳がん 、 卵巣がん 、 子宮がん など、 エストロゲン で悪化する可能性の高いがんにかかったことのある女性は、 レスベラトロール のサプリを摂取しないほうがよいでしょう。 レスベラトロール は、血小板の凝集を妨げます。このため、 レスベラトロール を大量に摂取すると、ワーファリンなどの抗血栓剤、 アスピリン などの非ステロイド性抗炎症剤を服用したときに、出血する危険性があるのです。

胃を保護し、肝機能を高める「 ウコン 」

主成分
クルクミン、クルクミノイド
効能
抗炎症作用、肝機能の向上、抗酸化作用、消化不良を改善、ガン細胞の増殖を抑える
副作用
過剰摂取や長期間の摂取で消化管に障害を起こす恐れ。
注意
抗ガン剤の働きを弱める

消化不良に有効

「肝機能が高まる」「二日酔いに効果的」と喧伝される ウコン 。さらに「血糖値維持や肌荒れ防止」「ダイエット効果」「がん、高血圧、動脈硬化の予防」、はては「花粉症予防」にもパワーを発揮すると、中年族が泣いて喜びそうな文句が並びます。

その効果は本物でしょうか? ウコン はインド原産のショウガ科の植物で、日本でも沖縄、九州、四国などの暖かい地方で栽培されています。

ウコン

ウコン

カレーが黄色くなるのは、 ウコン に含まれる黄色色素のクルクミノイドによるものです。

クルクミノイドは「クルクミンの親戚」という意味です。花を咲かせる時季によって春ウコンと秋ウコンが有名で、いずれも錠剤や粉末を水で飲んだりします。

お茶で飲むこともあります。 ウコン の主成分は、クルクミン、デメトキシクルクミン、ビスデメトキシクルクミンなどのクルクミノイドと、ターメロンやセスキテルペンなどの揮発性で芳香のある精油です。

クルクミノイドのうち最強の生理作用を持つのはクルクミンです。 ウコン を飲めば、胃液の分泌を促すとともに、胃の粘膜を保護して消化不良を改善します。実際にドイツでは、ウコンが薬として処方されているから、その効能は保証済みです。

ウコン の3 つの効果

ウコン の効果は、炎症を抑える抗炎症作用、肝機能の向上、抗酸化作用の3 つです。まずは炎症を抑える抗炎症作用から。

炎症とは、ケガをした箇所が腫れて赤くなり、熱くて痛くなる不快な現象です。身体のどこかが痛ければ炎症が発生していることになります。炎症はたしかに不快なものですが、身体の防衛には欠かせない。バクテリア ( 細菌 ) や ウィルス などの病原体が生体に侵入してきたとき、免疫系の細胞であるマクロファージや好中球が活発化し、敵をめがけて活性酸素というミサイルを発射します。

こうして炎症が起きます。炎症は、病原体という「敵」をやっつけるために「活性酸素」というミサイルで爆撃する際に発生する火災です。

炎症があるおかげで、わたしたちの命は守られていると言えるでしょう。この炎症を促進するのが ロイコトリエン という脂肪酸ですが、 ウコン に含まれる クルクミノイド と精油は、 ロイコトリエン の生産を下げることによって炎症を抑制します。

また、 クルクミノイド には、活性酸素を分解するグルタチオン-S -ランスフエラーゼ という酵素を活性化する一方で、解毒の際に活性酸素を生産する p -450 という 酵素 のはたらきを抑制するダブル効果があります。

クルクミノイド に、強力な抗炎症作用があることがわかります。

次に肝機能の向上です。ウコンは胆汁の生産を増やし、肝臓の負担を軽減することによって解毒能力を高めます。最後に 抗酸化作用 です。活性酸素 は、細胞膜をつくる脂質を酸化するから、細胞が弱体化します。ところが、 クルクミノイド が 活性酸素 と刺し違えることで、膜は保護され、細胞は守られるのです。

活性酸素 は DNA にダメージを与えて、 突然変異 を引き起こす。この 突然変異 が蓄積することで、正常細胞が がん細胞に変身する。 クルクミノイド は活性酸素 を分解するので、 DNA のダメージを防ぎ、正常細胞のがん細胞への変身を抑えます。最近、 クルクミン が、がん細胞 の 増殖 を抑えることが発見されました。

がん細胞が増殖するには、栄養と酸素を補給するための新しい血管がつくられなければなりません。これを「血管新生」といいます。

2003年、韓国セジョン大学のクオン教授は、クルクミンが血管新生を阻み、がんの増殖を阻止することを明らかにしました。

抗がん剤 との併用に注意

ウコン の効果でひとつ、気になることがあります。 抗がん剤 や 放射線療法 が効果を発揮するのは、猛毒の 活性酸素 を発生させて がん細胞 に ダメージ を与え、これによってがん細胞が「 アポトーシス 」という自殺を選ぶためです。それなら、 活性酸素 を分解する ウコン を摂取すると、抗がん剤や放射線療法の効果が下がってしまうのではないか。その通り。この心配が見事に的中してしまいました。

2002 年、ノースカロライナ大学がんセンターのオロスキー教授は、 ウコン が 乳がん の治療に利用されるサイクロフォスファミドによるがん細胞のアポトーシスを妨げ、効果を著しく減少させたことを「がん研究」誌に発表しました。

ウコン の摂取は、 サイクロフォスファミド ばかりか、 ドキソルビシン 、 カンプトセシン 、 メクロレサミン などの、 抗がん剤 のはたらきを弱めることが明らかとなっています。 抗がん剤 の治療を受けている患者は、 ウコン の摂取を控えるだけでなく、カレーなど クルクミン 含有食品もできるだけ避けるのが賢明ということです。

肝機能強化 のつもりが障害に

手軽で効果的、がん抑制効果まで期待されるとなれば、まさに言うことなしです。ところが、一歩間違えば、「諸刃の剣」になりかねない、ウコンの摂取が原因と思われている肝障害が報告されています。

東京逓信病院の患者を対象にした調査で20 04年10月までに18件が判明し、そのうち1 人が死亡しているのです。

亡くなったのは都内に住む60代の女性で、肝硬変を患っていました。彼女は、肝機能を高めるべく ウコン 粉末のサプリを2 週間摂取したところ、逆に症状が悪化しました。入院して3 ヶ月後後に帰らぬ人となってしまいました。

また、肝硬変 患者の60代の男性は、 ウコン を飲み始めてから肝性脳症で入院したものの、ウコン摂取を止めて食生活を改善したら、健康を回復しました。

これ以外にも、B 型やC 型肝炎ウイルス感染による、慢性肝炎患者6人が ウコンを摂取した後、肝機能が悪化して入院となりました。 ウコン は胆汁の分泌を盛んにして肝臓のはたらきを活発化するというメリットがありますが、過剰摂取や長期間の摂取で消化管に障害を起こすことがあります。

また、動物実験で大量摂取によって肝障害が発生することが判明しています。 消化管障害 や 肝障害 は、必ず発症するわけではないのです。

摂取量や体質、健康状態によるところが大きいが、万が一、異変があった場合は、直ちに摂取を中止して医師に相談しましょう。それから、胆汁管に障害がある人や、胆石の人は ウコン を摂取してはいけません。

疲れた肝臓に!特許取得成分配合 二日酔い・飲み過ぎ対策サプリ「ekas(エカス)」

「アントシアニン」疲れ目の予防・改善、 視力回復にすくれた働き

アントシアニンは抗酸化力で注目されているポリフェノールの一種で、ブルーベリーやアサイーベリー、カシス、アヤムラサキという種類のサツマイモに含まれている紫色の色素成分です。

専門的に言うとアントシアニンは、植物界において広く存在する色素、アントシアン(英: anthocyan、果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)のうち、アントシアニジン(英: anthocyanidin)がアグリコンとして糖や糖鎖と結びついた配糖体成分です。

アントシアニンは「目にいい」ということで、昔から民間療法で用いられてきました。とくに第二次世界大戟中、ブルーベリージャム好きのパイロットの「夜間でもよく見える」という体験が、ブルーベリーとアントシアニンの本格的研究のきっかけになりました。

最近の研究では、眼精疲労に効果が高いのはカシスに多いルナノシド型のアントシアニンという報告もあります。

ところで、ポリフェノールといえばワイン、とくに赤ワインの抗酸化力が有名です。きっかけは、「フレンチパラドックス」と呼ばれる現象でした。普通、動物性脂肪を多く摂るとコレステロールが多くなり、動脈硬化が増えます。

その結果、心臓病での死亡率が高くなります。しかし、欧米諸国で、フランスだけが例外でした。動物性脂肪の摂取が非常に多いにもかかわらず、フランス人だけ心臓病での死亡率が低かったのです。この矛盾はどうしてなのか?

これが「フレンチパラドックス」といわれるもので、フランス人がよく飲むワインに含まれるプロアントシアニ ジンやアントシアニンなどのポリフェノールによる効果だったのです。

先に触れたアントシアニンは目にいいという話ですが、網膜にあるロドプシンは光の刺激を受けると分解され、さらに再合成されます。

しかし、目を酷使しすぎるとロドプシンの再合成が追いつかなくなります。目がチカナカしたり、目がかすむのはこうした理由からです。アントシアニンはロドプシンの再合成を活性化してくれます。そのことで疲れ目の予防・改善、視力回復にすぐれた働きを発揮するのです。アントシアニンにはそのほか、肝臓の機能回復、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞、脳血管障害の予防作用もあります。

疲れ目に視界鮮明 アサイーベリーの濃縮エキスが配合 ふくふく本舗の「アサイベリープラチナアイ」 | 視力アップ、疲れ目、ドライアイを解消

https://contactlenstrouble-guide.net/trouble/?p=409