胃炎

病気の原因と症状

胃炎は、急激に胃に炎症が起きた状態で、胃の病気としてはよくみられるものです。原因はいろいろ考えられますが、飲み過ぎ、食べ過ぎ、消化不良のほか、精神的ストレスも影響します。また、風邪薬や鎮痛剤を服用した後に起こることもあります。

おもな症状には、食欲不振や吐き気、嘔吐、胃の張り、みぞおちの痛みなどがあります。一般的な治療として症状に合った薬が処方され、必要であれば点滴や胃の洗浄をすることもあります。胃炎では原因が明らかになることが多いので、原因を取り除くことで治る確率が上がります。

胃炎の食事療法について

胃炎の炎症を抑えて再発を防ぐことが食事療法の目的です。

具合が悪いときはまずは絶食する

吐き気や嘔吐が激しいときには絶食して、胃の粘膜を保護します。およそ一日か二日して、食事ができるようになり最初の食事を摂るときはジュースや重湯など流動食から始めます。その後、おかゆ食からご飯へ移行していきます。ただ、普段の食事に戻ったとしても何でも自由に食べるのではなく、消化の良い食品や調理にして、栄養のバランスを取るようにしましょう。

いつまでもおかゆを続けない

胃の調子が悪いと、ついついおかゆに梅干しのパターンになりがちではありませんか?これだと、いつまでたってもおかゆ食から抜け出せないこともあります。おかゆは、確かに消化は良いですが、水分が多いし、エネルギー、タンパク質はそれほどありません。できるだけ早い時期に普通のご飯に戻し、よく噛んで食べるようにしましょう。

規則正しい食生活を

体が消化の準備を整えるためには、毎日決まった時間に食べることです。規則正しい食生活をおくることが大切なのです。そして、消化を良くするためには、ゆっくりよく噛んで食べることが必要です。早食いでよく噛まずに食べる人は、胃炎を起こしやすいのです。

できるだけ刺激物を避ける

胃の壁の負担を減らすために、ある程度、刺激物は制限します。ここでいう刺激物とは、熱すぎるものや硬すぎるもの、アルコールやカフェイン飲料などです。それに、お腹いっぱいになるまで食べると胃が拡張して、胃の負担が大きくなります。炎症を抑えるには、腹八分目にしておきましょう。

調理のコツ

胃に炎症が起きているときには、消化の良い食品を選んで、やわらかく調理したメニューにします。症状に合わせて、徐々に流動食から普通のご飯に戻していきます。

食材は、青魚は脂肪が多いので避けます。肉なら脂肪の多いロースやバラ肉は避け、ヒレ、モモ、鶏ささみなどを使います。香辛料は控えましょう。煮る、蒸す、茹でるなどの調理法が良いです。

1件のコメント

  1. ピンバック: 胃腸薬 | 薬の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です