カロテノイド

β-カロテンとα-カロテン 皮膚や目を守りガンの予防効果も

β-カロテンは、にんじんやかぼちゃ、青じそパセリ春菊、小松菜、せりニラほうれん草などの緑黄色野菜に含まれています。ニンジンのだいだい色の色素が、β ,カロテンとα 一カロテンです。カロテンにはα、β 、γの3 種類がありますが、食品中に含まれているのはβ-カロテンが大部分です。そのため、食品成分表にはβ-カロテンが取り上げられています。

カロテノイドのなかで、真っ先に注目を浴びたものが高い抗酸化力を持つβ-カロテンです。β-カロテンの抗酸化能力はビタミンE に匹敵するといわれ、一重項酸素を無害にする能力がすぐれています。

老化やガンの予防でも人気があります。β-カロテンは、「ビタミンA の前駆体」といわれます。前駆体というのは、「そのものに変化する」ということです。つまり、β-カロテンは、ビタミンA に変身するわけです。

ビタミンA が不足すると、β-カロテンはビタミンA に変わって働き、残りはカロテンのまま肝臓や脂肪組織に蓄えられます。そして、ビタミンA が不足すると、再びβ-カロテンはビタミンA に変わるのです。

目の網膜には、ロドプシンという光を感じる色素があります。このロドプシンをつくるために、ビタミンAが必要になります。ビタミンA が欠乏すると、いわゆる「鳥目(夜盲症)」になります。網膜のロドプシンが少なくなり、暗がりでは目が見えなくなるのです。

一方のα-カロテンの抗酸化作用は、β ・カロテンを上回るとされています。皮膚や目、肝臓などを活性酸素から守るパワーは、β・カロテンの10倍ともいわれているほどです。水にはほとんど溶けない脂溶性の物質で、純物質は紫色をしています。

α-カロテンは、すぐれた抗ガン作用が確かめられた実験があります。肺ガンになる素質を持ったマウスにβ-カロテンを与えたところ、ガンの発生率は93% でした。α-カロテンを与えたマウスでは73 % に抑えられたのです。

リコピンパワーはβ-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍

真っ赤なトマトには、赤い色素のリコピンが含まれています。この赤い色素がリコピンで、リコピンは強力な抗酸化力を持っています。

なぜ、トマトはこのリコピンを持つのでしょうか?それは、日光を浴びて熟するとき、紫外線から自分を守るためだといわれています。活性酸素を無害にするリコピンの効果は、ディッセルドルフ大学の実験で確認されています。

リコピンは、あとで紹介するβ-カロテンの2倍、ビタミンE の100倍の抗酸化力があることが分かっています。「トマトが赤くなると、医者が青くなる」ヨーロッパにはこんなことわざがあります。

これはトマトのリコピンの効果をあらわしています。リコピンが発見される以前から、その効果は知られていたわけです。リコピンが無害にする酸素は、一重項酸素です。活性酸素が原因となる目の障害にとても有効で、視覚機能の維持に大切な役割を果たしていることが分かっています。

また、リコピンは抗ガン作用もあります。イタリアの実験では、トマトとトマト料理をたくさん食べる人は、消化器系のガン(口腔、咽喉、胃、大腸、直腸など)を発症する人が少なかったのです。

アメリカやノルウェーの調査でも、同じような結果が出ています。これもリコピンのおかげなのですが、生野菜より加工食品からのほうが吸収されやすい性質があります。赤いといえば、スイカの赤い身の部分にも、リコピンが含まれています。

スイカはほとんどが水分ですが、昔から民間治療薬として使われてきた歴史があります。利尿作用は腎臓病に、焼いた皮は口内炎に使われてきたのです。いろいろなデータはありますが、真っ赤に完熟したトマト100gには500㎍程度、スイカの赤い身の部分100gには4500㎍程度のリコピンが含まれているとされています。

「アスタキサンチン」血管にLDLコレステロールがこびりつくのを防ぐ

サケやマスの身、イクラなどは赤い色をしています。タイやキンメダイなどの皮も赤い色をしています。

こうした赤い部分にはアスタキサンチンが含まれています。アスタキサンチン は1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質です。β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されます。

アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化反応から生体を防御する因子として働いています。アスタキサンチンの肌への抗酸化力はβ-カロテンの約10倍、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンEの約1000倍、ビタミンCの約6000倍にもなります。 また、アスタキサンチンは光障害から目を保護すると言われています。

エビやカニ の甲羅は黒っぼい色をしていますが、熱すると赤くなります。甲羅に、アスタキサンチンが含まれているからです。

アスタキサンチンが含まれている食品には特徴があります。

  1. もともと赤い色をしていて、熱してもその色が変わらないもの。
  2. もともとは赤くないが、熟すると赤く変色するもの。

サケやイクラなどは1のタイプ、エビやカニの甲羅などは2のタイプです。アスタキサンチンは活性酸素を消し、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が血管にこびりつくのを防ぎます。また、

すでにこびりついたものを取り除く働きもあります。同じように、カツオやマグロなどの身は赤い色をしています。しかし、この赤みは鉄分の多いたんばく質で、まったく違う成分です。サケを熱しても赤みは変わりませんが、マグロやカツオは自っぼくなってしまいます。

「ゼアキサンチン」視力の低下を防ぐ白内障を予防する

ゼアキサンチンは黄色の色素で、ルティンと似た性質を持っています。やはりほうれん草に多く含まれているほか、トウモロコシや富有柿などに多く含まれ、緑茶、卵黄、動物性脂肪、肝臓などに広く分布しています。

パプリカやとうもろこし、サフラン、クコの実といった植物の色を構成する色素です。スピルリナにも多く含まれており、ダイエットサプリとして利用されることもあります。

また、サフランの味や香りのもとであるサフラナールへと、前駆体であるピクロクロシンを経て分解されます。

このゼアキサンナンは脂溶性で、身体のなかでルティンが変化してつくられます。ルティンと同じく、目の網膜や黄斑部に存在することが確認されています。

最近の研究では、ルティンとゼアキサンチンは網膜での分布が異なることも報告されています。黄斑の中心部ではゼアキサンチンの割合が高く、周辺部ではルティンの割合が高くなることが分かったのです。

ルティンと同じく、ゼアキサンチンも目の老化を防ぎ、視力の低下を抑える効果があるとされています。

また、黄斑を正常に保って黄斑変性を予防するほか、白内障の予防にも効果を発揮します。また、ゼアキサンチンには皮膚ガンや肺ガンの予防効果もあるとされていますが、抗ガン効果については研究が進められています。

「ルティン」脂と水になじむすぐれた性質で細胞膜の内外で活躍する

スマホやパソコンを使う機会が増え、目の疲れを感じている方も多いかもしれません。?カロテノイド(カロチノイド、carotenoid)は黄、橙、赤色などを示す天然色素の一群です。 微生物、動物、植物などからこれまで750種類以上のカロテノイドが同定されています。 たとえばトマトやニンジン、フラミンゴやロブスターの示す色はカロテノイド色素による着色です。
ルティンは、抗酸化力の強いカルテのイドの一種です。

身体のなかにある抗酸化物質(SOD、カタラーゼ、グルタチオンペルキシダーゼ) は、年齢とともに減少していきます。そこでアンチ& リバースエイジングからも、健康維持からも考えたいのが、食品から抗酸化物質を摂ることです。

抗酸化力の強い物質として、カロテノイドが有名です。カロテノイドは自然界にもっとも広く分布している色素の1つです。

ルティンはカロテノイドの一種で、黄色い色を示します。緑黄色野菜に多く含まれ、青汁の原料として知られるケール、ほうれん草などに多く含まれています。

カロテノイドは一般的に脂溶性(脂に溶けやすく、水に溶けにくい) のため、細胞膜に引き寄せられます。そこで、抗酸化作用を発揮し、一重項酸素を無害にしてくれます。ただし、ルティンは他のカロテノイドにはないすぐれた性質を持っています。

ルティンは、脂と水の両方になじむ性質を持っているのです。そのため、脂肪の多い細胞膜にも、細胞膜以外の水の部分にも存在し、活性酸素を消してくれています。ルティンが脚光を浴びるようになつたのは、ここ10年ほどといってもよいでしょう。きっかけはアメリカのハーバード大学の研究で、ルティンを摂っている人と摂っていない人の比較がおこなわれたのです。

その結果、ルティンを摂っていない人は、摂っている人に比べ、眼病の一種である黄斑変性症にかかる割合が倍以上だったのです。

私たちの身体のなかで、ルティンは皮膚や目の水晶体と網膜、それに網膜の中心部の黄斑部にとくに多く存在しています。すでにお話したように、水晶体はいわゆる「目のレンズ」です。黄斑部は、光を感じる大切な役目を持つ網膜の部分です。目の大切な部分にルティンが多く存在していることから、ルティンは目の老化を防ぎ、白内障や黄斑変性症の予防に働いてくれます。

植物成分、ルテインの効能・効果
https://lutein-guide.info/