未分類

キウイにたっぷりの水溶性食物繊維は腸の元気物質「酪酸」を増やして便秘解消する

腸を元気にするなら「酪酸」が欠かせない

本サイトでも紹介している「便秘解消」のための食事でもわずかですが、便秘改善できない人もいます。主に、高齢者で運動量が極端に少ない、食べる量が少ないなどの方です。

便秘の解消のためには、腸の働きをよくすることが大切です。そこで最近、腸を元気にする物質として「酪酸」が注目を集めています。

酪酸とは、腸内細菌が作りたんさ出す短鎖脂肪酸という成分の一種です。酪酸は、腸内で主に2つの役割を果たします。

 

短鎖脂肪酸が主成分の乳酸菌発酵エキス「善玉元気」

 

1つめは、腸のエネルギー源としての働きです。酪酸は大腸においては1番め、小腸にとっては2番めに必要なエネルギー源です。

腸内で酪酸がたくさん作られれば、腸の細胞に多くのエネルギーが供給され、結果的に腸が元気に働けるようになります。

2つめは、整腸作用です。酪酸をはじめとする短銃脂肪酸が増えると腸内の酸性度が高まり、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は住みやすく、悪玉菌は住みにくい環境になります。その結果、腸内環境がよくなるのです。

酪酸は体内で作られる

このように腸を元気にし、腸内環境をよくする力がある酪酸ですが、実は口から摂取しても腸内に到達させることはできません。酪酸は、体内で作る必要があるのです。

そもそも、酪酸を含む短鎖脂肪酸はどのようにして体内で作られるのでしょうか。人問の腸内には、さまざまな細菌が常在しています。なかでも、酸素を嫌う「嫌気性菌」と呼ばれる菌は、食物繊維を発酵させ、単糖類と短鎖脂肪酸に分解する性質を持っています。

この嫌気性菌の働きによって短鎖脂肪酸が体内に作られます。酪酸をはじめとする短鎖脂肪酸は、水溶性食物繊維をエサにする腸内細菌の働きによって産生されます。つまり、酪酸は水溶性食物繊維をとることで、より多く作られるということです。そこでみなさんにぜひ食べていただきたい食品が「キウイ」なのです。

キウイが酪酸を増やす

前述したとおり、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、それぞれ違った働きをするので、両方をバランスよくとることが重要です。

理想的なバランスは「不溶性食物繊維2 :水溶性食物繊維1」です。しかし、私たちがよく食べるのは、水溶性食物繊維よりも不溶性食物繊維を多く含む食品がほとんどです。

また、水溶性食物繊維が多く含まれるのは、海藻やこんにゃく、大麦など、現代の食生活でとる機会が少ない食品ばかりです。

そのため、水溶性食物繊維は、意識してとらないと不足してしまう場合が多いのです。キウイには、水溶性食物繊維が多く含まれています。キウイはスーパーへ行けば1年を通して手に入りますし、調理の必要もなく、手軽に食べられるので、無理なく水溶性食物繊維を補うことができるのです。

さらにキウイには、腸内の酪酸の量を増やす可能性のあることが、2016年に開催された「第1回キウイフルーツの栄養および健康効果に関する国際シンポジウム」で発表され、話題になっています。

人問の腸内環境に似た環境を作り、そこにゴールドキウイ、グリーンキウイ、イヌリン(水溶性食物繊維の1つ)をそれぞれ添加して観察したところ、48時問後には2種類のキウイはいずれも、イヌリンと同じくらい酪酸の濃度を高めるという結果が出たのです。

過敏性腸症候群にもキウイが有効

キウイは便秘だけでなく、腸の病気の改善にも有効です。なかでもキウイは、過敏性腹症候群の人に最適な食材です。

過敏性腸症候群とは、検査をしても異常が認められないのにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、腹部膨満感などの下腹部の不快な症状に悩まされる疾患です。過敏性腸症候群を引き起こす可能性がある食材はFODマップMAP(小腸内で消化・吸収されにくい糖類) と呼ばれ、牛乳リンゴ、パスタ、キノコ類などが挙げられます。

対して、キウイはオーストラリアのモナシユ大学が選定した、過敏性腸症候群の症状媛和に有効な低FODMAP食の1つに含まれているのです。

また、潰瘍性大腸炎の方にもキウイがおすすめです。潰瘍性大腸炎は、現在日本で23万4000人以上が罹患しているといわれ、指定難病に定められている病気の1つです。下痢や血便を主な症状として、よくなったり悪くなったりをくり返します。

実は潰瘍性大腸炎にかかった人の便は、健常者の便に比べて短鎖脂肪酸の濃度が低いことが指摘されています。つまり、潰瘍性大腸炎の患者さんの腸には、酪酸が足りていないのです。

そのため、潰瘍性大腸炎の治療には、腸内の酪酸を増加させる酪酸菌製剤が処方されています。加えて、キウイを日常的に食べれば、腸内の酪酸がさらに増えて、炎症を起こしている大腸粘膜の修復を助け、症状の改善に役立つでしょう。

酪酸が効果を発揮するのは、腸の健康だけではありません。免疫(病原体から体を守るしくみ) をコントロールしてアレルギー性疾患を抑えたり、血糖値をコントロールして糖尿病を改善したりする働きも期待できます。腸だけでなく、全身の健康維持のためにも、ぜひキウイを毎日の食卓に取り入れてみてください。

腸の元気物質 酪酸 を増やしてくれる朝食べる「キウイ」+オリーブオイル

 

 

 

ビタミンC 3種類の活性酸素を 無害にするすくれものの抗酸化物質

ビタミンには水溶性(水に溶けても、脂に溶けない)と脂溶性(脂に溶けても、水に溶けない)のものがあります。抗酸化ビタミンとして知られるビタミンCは水溶性で、細胞膜のなかには入れません。

そこで、細胞の外側の水に溶けています。ビタミンCは、私たちの身体のなかでつくることができませんが、植物はつくることができます。

野菜や果物を食べることで、私たちはビタミンCを補給しているのです。ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれます。

野菜ではパセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、ケール、ピーマン、ほうれん草、しし唐、小松菜、大根の菓などがあります。果物ではカシス、レモン、キウイ、イチゴ、グァバ、パパイアなどに多く含まれています。

そのほか、番茶や干しのりなどにも含まれています。ビタミンC はスーパーオキシドラジカル、過酸化水素、一重項酸素に働きかけ、無害にしてくれる頼りになる抗酸化ビタミンです。

身体のなかでビタミンC の濃度がもっとも高いのは水晶体です。水晶体には、それだけ多くのビタミンCが必要ということなのです。

また、ビタミンC は肌のハリにも関係しています。コラーゲンがつくられるとき、ビタミンCが不可欠なのです。ビタミンC 不足はそのまま肌の衰えにつながるほか、シミもできやすくなります。

ビタミンC は、まさにアンチ& リバースエイジングに重要な抗酸化ビタミンなのです。ビタミンC の1日推奨量は100mgですが、抗酸化力を強化するためには1000〜2000mgが必要といわれています。

これだけのビタミンC をレモンで摂ろうとすると、10〜20個が必要です。いくらがんばっても、これはちょっと不可能でしょう。ビタミンCはどんどん血液中に溶け出し、蓄えておくことができません。毎日、必要量のビタミンCを摂るようにしましょう。

ビタミンCを多く含む食品 | ビタミン Q & A
https://www.vitamin-qa.info/2014/04/19/post-124/

「お酒は百薬の長」のようにちょっとだけ「害になるもの」は薬にもなる

健康オタクやマニアが増えている

栄養をきちんと摂ることは健康長寿に欠かせませんが、体に悪いものを全部排除すればいいかというと、そうでもありません。

人の体には免疫という、体にとって異質なもの、害になるものと闘う素晴らしいシステムがあります。この力は、ちょっと刺激をしてやれば、活性化されてますます能力を発揮します。

ですから、たとえばタバコやアルコールや紫外線や放射線など、害であるとされるものも、うまくほんのわずか微量だけ活用すれば、「体にとっていい刺激」となるのです。

お酒は「百薬の長」か?[本当] | lie&true(本当、嘘)にあるように適量であればアルコールは百薬の長になるし、必要以上飲んでしまえば、アルコール依存症になるということです。アルコール依存症の人のための教科書

放射線については、もちろん大量に浴びれば生命を脅かす恐ろしいものです。

しかし、それをゼロにできるかというと難しい。普通の生活をしていても、常に自然界から放射線を浴びています。

大地からはウランやラジウムなどの放射性物質から放射線が放出され、宇宙からも絶え間なく放射線が降り注いでいます。食べ物の中にも放射性物質は含まれています。

しかし、そうしたわずかな放射線は、体の免疫力を刺激します。微量の放射線を含むラジウム泉・ラドン泉などの温泉は、体の細胞を刺激して自然治癒力を高めます。こうした温泉が体に害を及ぼすどころか、健康増進のために活用されてきたことは、経験的にも知られることでしょう。

紫外線も、今では皮膚や目にダメージを与え、がんを誘発する恐れがあるとして、一方的に悪者になっていますが、微量であれば体に有効です。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDは、短い時間紫外線を浴びることで、皮膚で生成されるのです。そもそも人間は、日の光を浴びることで体のリズムを整えています。

生物には体内時計が備わっていて、寝たり起きたり食べたり、という周期を自然に繰り返しています。人間の体内時計の周期は約25時間であるため、ずっと暗闇で過ごしているとカレンダーの日付からどんどんずれていきます。その生体リズムを24時間周期に調節してくれるのが、太陽の光なのです。

ただし、もともと病気を持っている人には、紫外線が症状を悪化させることがあるので注意が必要です。夏休み明けの9月に体調を崩す例が見られるのは、夏の間の紫外線の影響が考えられます。

東洋医学で発展した鍼灸というものも、体に鍼や灸という刺激を与えることで治療効果を得ようとするものです。薬など外部から物を与えて化学的に処置するわけでも、体にメスを入れて物理的に処置するわけでもありません。人の体にあるツボを刺激することが、体が持っている自然治癒力を高めるのです。

生理痛

生理痛は、不自然なライフスタイルが原因

生理痛は、子宮内膜が周期的に剥離して出血する月経時にともなう痛みで、ひどい場合には学校欠席や職場欠勤を余儀なくされる場合があります。

このように、月経という生殖にかかわる大事な機能に痛みがともない、日常活動が阻害されるということは、生物としてとても異常な事態で、普段よほど不自然なライフスタイルを送っている証拠でもあります。生理痛を理解するには、まず、月経というものをよく知らねばなりません。なぜなら、生理痛はある意味では月経に随伴する表面的な現象で、その背後には往々にして月経異常が隠されていることが多くあるからです。

脳下垂体のホルモンの作用を受けて、一個の原始卵胞が発育しはじめると、卵子はやがて成熟して卵管へと飛びだしていく(排卵)。
この間、卵胞自身もホルモンを分泌して子宮に作用し、排卵後はさらに黄体ホルモンを分泌して、この2つのホルモンで子宮内膜を盛んに増殖させます。この時に、卵子が精子とうまく出合って受精卵となって子宮内膜に着床すれば、妊娠の成立となります。

ところが、着床がおこらないと、黄体が衰えてホルモンの分泌が停止。そのため、子宮内膜の増殖も止まり、内膜組織が壊死してくずれ落ち、体外に流れでる。これが月経で、出血が終わると再び脳下垂体からホルモンが分泌されて、新たな原始卵胞が発育しはじめます。ひとつの原始卵胞の発育から次の原始卵胞の発育までの期間は、およそ30目前後で、むろん、月経期間も3日から7日と多少の個人差はあります。

肉食性のネバネバ血液が、最も激痛を発現させる

問題はこうした生理的な周期でおとずれる月経に、何ゆえに痛みがともなうのか、ということです。それは主に、性周期をつかさどっている下垂体の性腺刺激ホルモンや自律神経に障害がおこることが原因です。

経血量のコントロールに異常がおこり、多すぎたり、少なすぎたり、あるいは無月経をひきおこします。生理痛というのは、とくに壊死した内膜がスムーズにはがれないで、剥離する時におこるもので、肉食性のネバネバした粘着性血液の場合が、最も激しい痛みをともないます。

一方、血が薄いと、卵巣や子宮の発育が停滞して、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌がアンバランスになり、副腎皮質から分泌される性ホルモンにも異常が生じ、この時にも生理不順や生理痛をともないます。

とくに月経時と冷えが重なった場合、つまり、上半身ののぼせと下半身の冷えという血液分布の異常が重なると、子宮内の血液量不足から激しい下腹部痛をおこす。このように、月経にともなう生理痛の原因はさまざまだが、根本の原因は異常をおこしている体質に求められるのです。食物のとり誤りが慢性的な体内環境の悪化を招き、生理全体を機能低下・失調させているということです。

鎮痛剤の服用は、大きなツケ(激痛)となって跳ね返る

したがって、月経異常や生理痛を解消するには、血液性状を正す玄米・菜食をおこなって生理機能を整え、体質そのものを改善しなければなりません。生理痛がおきるとすぐに鎮痛剤を服用しがちだが、長く服用しているうちに化学薬剤成分が細胞間のすき間に、あたかもキャラメル状に蓄積・固化され、それが今度、体質が改善される過程でおきる瞑眩反応、いわゆる体質改善反応時に大変な激痛をともなってあらわれるのです。このような、目先の対症療法にかかずらわっていると、あとで大きなツケがまわってくるのです。

なお、冷え性で生理痛に悩む女性は、夜寝る前にビワ葉温奄法や熱いお湯にショウガをすり下ろした温湿布をするとおなかの血行がよくなり、熟睡もできます。ショウガは日頃から食べる習慣をつけるのがいいでしょう。
腸ストレスから自分の腸を守るために効果的な 日清オイリオから新発売 有機エキストラバージンオリーブオイル「ルイーザ」
普段、摂る油にも注意が必要です。

生理痛の治療のポイント
  1. ビタミン、ミネラルの多い玄米雑穀ご飯を主食にする。みそ汁の具には、ワカメなどの海藻類、カキ、ハマグリ、シジミを必ず入れる。
  2. ホウレンソウ、コマツナ、パセリ、セロリ、ダイコンの葉など青物には鉄分が多いので、常用するとよい。これらには造血作用が著しい。ホウレンソウのおひたしなどは毎食とるようにしたい。
  3. ニンジンとヒジキ、ゴボウ、ネギなどをゴマ油で妙めたきんぴらゴボウは、腸を温め血液循環をよくする。
  4. 薬草茶としては、ヨモギ、ハブソウ、カワラヨモギ、クコなどを、よく煎じてお茶代わりに飲む。
  5. ゴマ塩番茶は炎症をいやし、神経の過敏性を鎮めるので、生理痛がある時に服用するとよい
薬効食品と自然療法
黒ごま
胃腸の機能を整え、血液浄化の作用が強い
レンコン
収れん作用があり、月経過多に有効
はまぐり
ビタミンB12が豊富で、貧血の解消に効果がある。
わかめ
ミネラルが多く、血液を弱アルカリ性に保つ。

漢方薬による生理痛対策

生理痛 | 完全ガイド – 漢方薬

更年期障害

暇な生活を送っている人に起こりやすい

更年期障害は男女問わずににおこるのですが、とくに女性の方が更年期障害を訴えやすいのが特徴です。その理由としては、次の点が考えられます。

ひとつには、閉経という特有な現象がおこること、もうひとつは、些細な障害にも心をふり向ける時間的余裕があることです。
毎月規則正しく訪れていた月経が乱れはじめ、出血期間や周期が長くなったり短くなったりする。そんな状態を1~3年経過した後、閉経という時期を迎えます。このことで、「私はもう女ではなくなったのだ」という感慨をもつ傾向がある。ですが、閉経したということは、母となり得る機能が完全にストップしたということだけで、別段、女性でなくなるわけではないのです。
仮に、母性であり得ることが女性であることの最大の資格であるという、生物学的論理を受け入れたとしても、それほど落胆するには及びません。

われわれは、生物学的存在としてのヒトであると同時に、文化的存在としての人間として生きているのです。閉経前か後かなどに関係なしに、生き方しだいで、もちろん大いに存在価値をもち得るのです。
どちらかといえば、高齢者においては、男性より女性のほうが元気がよいのです。

生命力が強く、順応性が高いからです。ただし、閉経が、何らかの障害と結びついた場合が問題になります。

次に、暇と不定愁訴との関係です。人間は有無をいわずやらなければならないことがあるときは、体に起きた些細な変調などにいちいち気をとられていられないものです。家事などは、やるべきことはいろいろあり、それなりに大変だが、長い経験で段どりよくできるし、自分の考えひとつで手抜きもできます。

というわけで、女性は自分の心や体の状態をじっくりみつめる時間があるのです。必然的に、男性より、欲求不満と微妙にからまり合った不定愁訴が生まれやすいと言えるでしょう。

更年期障害のからくり

たいていの女性は、初潮、結婚、妊娠、出産…とホルモン分泌の関門をくぐり抜けていきます。閉経もその関門のひとつで、この時期のみ、とくに障害がおこりやすいということはあり得ないのです。更年期障害がおこるのは、もっと別のところに根本原因があるはずです。
生理機能的にみると、更年期障害の直接的原因として次の3点が挙げられます。

  1. 性ホルモンの分泌不足
  2. 自律神経失調
  3. 精神的ストレスの影響

卵巣からは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2種のホルモンが分泌されており、女性らしさを生みだしたり、女性特有の機能を維持したりしています。

卵巣機能が年齢とともに低下してくることによって、これらのホルモンの分泌も減少します。このこと自体は自然の変化で、遅かれ早かれ、だれにでもおこることです。

ところが、卵巣機能の低下が急激におこると、体のいろいろな部位にあって互いに関連をもちながら働いている内分泌機能全体が混乱してしまうのです。もちろん、逆に、別の内分泌腺の機能低下がもとで内分泌機能の混乱がおき、それがもとになって、女性ホルモンの分泌が急激に減少することもあるのです。いずれにしても、内分泌機能の混乱がおこると、不安感が強くなったり、熱っぼい感じが抜けなかったりします。自律神経は、血管や内臓に分布している神経。

交感神経と副交感神経という相反する作用をもった2種の神経が、互いにバランスを保ちながら、それぞれの器官組織の機能を、そのときどきに必要な状態に保っています。

たとえば、胃腸においては、眠っている時は、その副交感神経が優位になって、機能旺盛になり、体成分の生合成が盛んにおこなわれます。
逆に、たとえば事業などで不渡手形をつかまされた時などには、悠長に食物のとりこみなどやっていられないから、交感神経が優位になって、胃液の分泌は非常に悪くなります。

この自律神経の機能が失調すると、いろいろな障害があらわれる。とくに中年以上になると、血行不順や動脈硬化などと重なりやすいため、のぼせ、冷え、頭痛、肩こり、不眠などの症状をおこしやすいのです。
また、この時期に精神的ストレスがおこりやすいのは、体全体が衰えてくる時期であり、それだけ抵抗力が弱っているせいです。

やたらにひがみっぼくなったり、体の変調を必要以上に訴えたりするようになる。イライラやヒステリーなどもおこりやすくなります。

子宮筋腫の手術は後にダメージが残りやすい

更年期障害のひとつに数えてもよさそうなのものに、子宮筋腫があります。というのは、思春期以前および更年期以降の発生が、まれだからです。

筋腫は通常、大きさがまちまちの球状の腫瘍として発育します。腫瘍は一個の時もあり、数個あるいは数十個の時もあります。悪性のものは「子宮肉腫」、良性のものは「子宮筋腫」といいます。筋腫は、はじめは子宮壁内に発生するが、その後の発育方向は、

  1. 子宮外面に向かって発育するもの
  2. 子宮壁内にとどまるもの
  3. 子宮腔に向かって発育するものの

の3タイプに分かれます。

子宮筋腫に特有の初期症状はあまりなく、軽度のうちは下腹部に圧迫感を感じるくらいで無症状のことがほとんどです。ところが、月経過多、不正出血が長びくことによってはじめて異常に気づき、放っておくと出血量が多くなって貧血になり、顔面蒼白となります。
貧血症で病院を訪れて筋腫が発見される例も、多数あります。

筋腫の発育が進むと、胃の不快感(ゲツプ)や排尿・排便障害などが出やすい。病院で筋腫が発見されると、「そんなに恐ろしい病気ではありませんよ。もうお子さんもいらっしやることだし、手術で早く治したほうがいいですよ」といわれることが多いのですが、手術のダメージにはかなり大きいものがあります。むろん、症状が極度に進行して、体の代謝が著しく鈍ったり、解毒力が極度に低下してしまって、体の機能を大きく損なうような段階に立ち至った場合には、万やむを得ず応急的な対症療法をおこなわなければならないのですが、しかし、これとてあくまでも必要悪としての一時的な処置であることを忘れてはなりません。
このへんの事情を勘違いして、すぐに現代医学の手術療法で即決しようとすると、後で大きなマイナスを背負うことになるでしょう。

脳・目・耳・皮膚などの衰えに積極的に取りたい食品

以上のように、更年期障害を大きくみると、「物質代謝の不均衡」と「生理機能全体の低下」によってひきおこされているといえるのです。
障害の実態はここにあるのであり、閉経ということ自体に問題があるわけではない。しかし、時期がくれば治るといって放置しておいてよいものではないのです。
物質代謝の不均衡や生理機能の低下は、食物のとり方が不適当な時におこる状態です。間違った食生活による障害は、年をとるほどあらわれやすくなるから、食物のとり方には、いっそう気を配ることが必要です。

その意味で、いろいろな健康食品をとることが必要です。だが、それだけでは不十分。健康状態を決定する最大の要因は、食生活のあり方で、健康食品の効き目も違ってくるのです。白米や肉、化学調味料などを常食する白米・肉食の食生活をしていては、「元の木阿弥」です。

牛乳、卵、白砂糖、もくあみの木阿弥」である。玄米・菜食に切り替えることが大切です。とくに主食に玄米をとることが重要です。玄米は、圧力釜を使えば、十分に軟らかく炊けるから、消化器に負担をかけすぎる心配もなく、各種の有効成分を補給でます。

豊富に含まれるビタミンB群は、自律神経機能の正常化にきわめて有効です。ビタミンEは、性ホルモンの分泌を促し、血行を滑らかにします。その他、リノール酸、パントテン酸など多彩な成分が、神経・ホルモンなどの調節機能を正常化します。

副食には、季節の野菜・海藻・小魚介類をとる。とくに、根菜類と海藻を積極的にとるようにします。根菜類は、冷えを防ぎます。海藻類には、カルシウムやヨード、リン、鉄など各種のミネラルが含まれており、脳や目、耳、皮膚などの衰えを防止する効果が著しいのです。

更年期障害の治療のポイント
  1. 精神の安定を保つ努力をする。人間や社会について洞察力を高めるようにして、無用なストレスに翻弄されないようにすること。
  2. 過食・偏食をやめる。料理は計画的につくり、残り物を食べるような状況をつくらない。いつも同じようなものを食べると代謝もかたよるから、バラエティーに富んだ献立を工夫する。
  3. 玄米・菜食に切り替える。根治の決め手である。玄米を主食にし、野菜・海藻・小魚介類を副食とする。それに体質に合った健康食品と薬草茶をプラスするのが、基本原則である。
  4. 根菜類を積極的にとる。温室野菜を常食していると、体が冷えやすく、自律神経のアンバランスもおきやすい
  5. 海藻を毎食とる。海藻は血液、神経、ホルモンの調節系の働きを健全にする。豊富なミネラルが、脳や感覚器の衰えを防止する。
薬効食品と自然療法
シャクヤク
根を5グラム煎服する。
トウキ
根を10グラム煎じて飲む。
アズキ
便通をよくし、浄血作用が大。味つけは自然塩や黒砂糖を用いる。
ゴマ
リノール酸、カルシウムが豊富で、脳神経を健全に保ち、老化を防ぐ。
漢方薬で更年期障害の症状を軽減するには

更年期障害