不妊症

不妊症の原因は様々ですが

子供の誕生を希望して避妊などはおこなわないのに、2年以上妊娠しないものを不妊症といいます。この不妊には、その原因が女性側にある場合(女性不妊)と男性側にある場合(男性不妊)、それに双方に原因がある場合の3つが考えられます。
しかし、中には、現在の検査法でもつきとめられないケースもあります。まず、女性不妊の原因として考えられるものには、次のような事柄があります。

卵巣機能の異常
まず排卵のない無排卵、また排卵があっても回数が少ない場合には、妊娠のチャンスは少ない。さらに卵巣ホルモンの分泌異常があると、子宮内膜の生理が障害されて、たとえ受精しても、受精卵が着床しにくい。
卵管通過性の異常
卵管内腔が閉塞していたり、炎症による分泌物がたまった状態になっていると、排卵が子宮に着床しない。
子宮異常
子宮の発育不全や子宮内膜の炎症など。
全身性疾患
甲状腺障害など内分泌障害、また糖尿病などの代謝障害、栄養失調などの栄養障害、精神障害、放射線障害なども原因になり得る。
男性不妊の原因と考えられるのは、主に精液中の精子の数が少ない精液異常である。正常値は1ml中に6000万~1億個だが、2000万個未満になっている場合(精子減少症)や、精子が正常でない場合(精子奇形症)、精子のない場合(無精子症) には妊娠能力はない。

原因には炎症や精子の進路である精管の閉塞などが挙げられるが、男性にかぎらず、最近の環境ホルモンによるホルモン異常の影響も見逃せないだろう。
環境ホルモンについては生活防衛マニュアルと環境ホルモンについて考えるが参考になります。

「体内汚染」を浄化すれば、必ず不妊は解消する

環境ホルモンとは「外因性内分泌撹乱物質(EDC」のことで、女性ホルモン様を呈し、結局は体内生理を撹乱し、炎症をもたらすものですが、とくにそれが恐ろしい理由は、生殖器にその影響が及ぶということです。

こうみてくると、妊娠問題は結局、「体内汚染」の浄化が重要になってくるわけで、食生活を正し、血液をきれいにすることが大事になります。
現在、この不妊において女性に原因がある場合、排卵誘発剤の投与や、手術による管の開通、ホルモン療法、炎症に対しては消炎剤や抗生物質の投与、ビタミン剤などの対症療法がおこなわれています。

しかし、生殖器に重大な障害がある人や、生殖器が重篤な病気で機能が失われてしまった人を除けば、受胎可能な年代の女性なら、体質改善によって必ず妊娠することができます。
現在、妊娠を早々にあきらめて、卵子を提供して他の女性に産んでもらう「代理出産」を選ぶ夫婦もいますが、受胎・妊娠・出産はヒトの重要な生理機能であり、それは体質を原因としておこる現象なので、体質の改善に精いっぱい人事を尽くして天命を待ってはいかがでしょうか。

女性側の不妊の直接的原因としては、やはり子宮後屈、子宮狭窄、ラッパ管異常、子宮や卵巣の発育不全、子宮内膜症などが多いのですが、こうした障害の根源をたどれば、すべて食生活の誤りによる体質の悪化が背景として起こっているので、食事改善をおこなわないかぎり、不妊の解消は困難です。

逆にいえば、浄血に努めれば、本来の生理機能を回復して、不妊の解消は十分に可能といえるのです。「食事で妊娠が可能?」と、まだ疑問をもたれる方もいますが、「自然医食療法」により喜びの妊娠、出産をされた方は大勢おり、彼女らが何よりの証人です。

喜びの妊娠後も、気を抜いてはいけない

しかし、喜んでばかりもいられません。というのは、いままで妊娠しにくかった人がはじめて妊娠した場合は、流産しやすいからです。

気を抜いて不自然な元の食事に戻ったりすると、たちまちにして「元の木阿弥」になりかねない危険性をはらんでいるのです。
食事は偉大なものであり、かつ微妙なものであることを忘れてはいけません 。妊娠すると、「体力をつけねば」「スタミナをつけねば」と無理に肉を食べる人がいるが、肉は反対に腸内腐敗を招き体力を低下させてしまいます。
スタミナ源にならないどころか、肉食をすると出生率が低下することは、草食動物をエサとするライオンやトラなどの少産化からも容易に想像できます。人間界でも植物性食物を食べているアフリカやアジア人は多産だが、肉食中心の欧米人に子供の数が少ないことからも、これははっきりしています。

薬の乱用は絶対にご法度

不妊に悩む女性は、とかく周囲の無神経な発言や出産報告にストレスを感じやすいものですが、健康な体になれば必ず妊娠できると母体の健康と生まれてくる子供のことを考えれば、薬の乱用は絶対に避けるべきです。

不妊症の治療のポイント

  1. 不妊体質の元凶となっている白砂糖および白砂糖食品、コーヒー、果物をやめる。インスタント食品、加工食品を極力控える。これらの食品を日ごろ多食していると性欲が弱まり、性感も薄れて性行為を不快に思うようになりやすい。
  2. 玄米をしっかりとる。玄米には赤血球生成に重要な役割を果たすビタミンB群、C、葉酸、鉄分が多く含まれている。とくに玄米中のビタミンC はプロビタミンという形で含まれており、炊飯という高温処理と胃液中の塩酸の働きを受けてはじめてビタミンCとしての働きをもつので、体を冷やす生野菜などを摂取することなく、効率よくビタミンCをとり入れることができる。玄米の他にアワ、キビ、ハトムギ、アズキ、黒豆などの雑穀を加えると、体を温める主食になる。
  3. 副食は、野菜・海藻・小魚介類を主体にするが、生殖機能を活発にする次の食品は、より積極的に利用したい。〔ビタミンE、リノール酸が多く、血液循環をよくする食品〕ゴマ、クルミなどのナッツ類
  4. 薬草茶をお茶代わりに飲む。ハブソウ、ドクダミ、ハトムギ、オオバコ、カワラヨモギなどをベースにするとよい。
  5. 体質・症状に合った健康強化食品を補倫する。とくにビタミンの多い胚芽を十分にとることが大切。またスタミナとして朝鮮人参がきわめて効果的である。
薬効食品と自然食品
梅肉エキス
クエン酸を多く含み、老廃物の排出を促す。
レンコン
著しい利尿作用があり、血液浄化に卓効。
プルーン
鉄分が多く、血液活性を高める
シジミ
ビタミンB12が赤血球の働きを強めてくれる。

生理痛

生理痛は、不自然なライフスタイルが原因

生理痛は、子宮内膜が周期的に剥離して出血する月経時にともなう痛みで、ひどい場合には学校欠席や職場欠勤を余儀なくされる場合があります。

このように、月経という生殖にかかわる大事な機能に痛みがともない、日常活動が阻害されるということは、生物としてとても異常な事態で、普段よほど不自然なライフスタイルを送っている証拠でもあります。生理痛を理解するには、まず、月経というものをよく知らねばなりません。なぜなら、生理痛はある意味では月経に随伴する表面的な現象で、その背後には往々にして月経異常が隠されていることが多くあるからです。

脳下垂体のホルモンの作用を受けて、一個の原始卵胞が発育しはじめると、卵子はやがて成熟して卵管へと飛びだしていく(排卵)。
この間、卵胞自身もホルモンを分泌して子宮に作用し、排卵後はさらに黄体ホルモンを分泌して、この2つのホルモンで子宮内膜を盛んに増殖させます。この時に、卵子が精子とうまく出合って受精卵となって子宮内膜に着床すれば、妊娠の成立となります。

ところが、着床がおこらないと、黄体が衰えてホルモンの分泌が停止。そのため、子宮内膜の増殖も止まり、内膜組織が壊死してくずれ落ち、体外に流れでる。これが月経で、出血が終わると再び脳下垂体からホルモンが分泌されて、新たな原始卵胞が発育しはじめます。ひとつの原始卵胞の発育から次の原始卵胞の発育までの期間は、およそ30目前後で、むろん、月経期間も3日から7日と多少の個人差はあります。

肉食性のネバネバ血液が、最も激痛を発現させる

問題はこうした生理的な周期でおとずれる月経に、何ゆえに痛みがともなうのか、ということです。それは主に、性周期をつかさどっている下垂体の性腺刺激ホルモンや自律神経に障害がおこることが原因です。

経血量のコントロールに異常がおこり、多すぎたり、少なすぎたり、あるいは無月経をひきおこします。生理痛というのは、とくに壊死した内膜がスムーズにはがれないで、剥離する時におこるもので、肉食性のネバネバした粘着性血液の場合が、最も激しい痛みをともないます。

一方、血が薄いと、卵巣や子宮の発育が停滞して、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌がアンバランスになり、副腎皮質から分泌される性ホルモンにも異常が生じ、この時にも生理不順や生理痛をともないます。

とくに月経時と冷えが重なった場合、つまり、上半身ののぼせと下半身の冷えという血液分布の異常が重なると、子宮内の血液量不足から激しい下腹部痛をおこす。このように、月経にともなう生理痛の原因はさまざまだが、根本の原因は異常をおこしている体質に求められるのです。食物のとり誤りが慢性的な体内環境の悪化を招き、生理全体を機能低下・失調させているということです。

鎮痛剤の服用は、大きなツケ(激痛)となって跳ね返る

したがって、月経異常や生理痛を解消するには、血液性状を正す玄米・菜食をおこなって生理機能を整え、体質そのものを改善しなければなりません。生理痛がおきるとすぐに鎮痛剤を服用しがちだが、長く服用しているうちに化学薬剤成分が細胞間のすき間に、あたかもキャラメル状に蓄積・固化され、それが今度、体質が改善される過程でおきる瞑眩反応、いわゆる体質改善反応時に大変な激痛をともなってあらわれるのです。このような、目先の対症療法にかかずらわっていると、あとで大きなツケがまわってくるのです。

なお、冷え性で生理痛に悩む女性は、夜寝る前にビワ葉温奄法や熱いお湯にショウガをすり下ろした温湿布をするとおなかの血行がよくなり、熟睡もできます。ショウガは日頃から食べる習慣をつけるのがいいでしょう。
腸ストレスから自分の腸を守るために効果的な 日清オイリオから新発売 有機エキストラバージンオリーブオイル「ルイーザ」
普段、摂る油にも注意が必要です。

生理痛の治療のポイント
  1. ビタミン、ミネラルの多い玄米雑穀ご飯を主食にする。みそ汁の具には、ワカメなどの海藻類、カキ、ハマグリ、シジミを必ず入れる。
  2. ホウレンソウ、コマツナ、パセリ、セロリ、ダイコンの葉など青物には鉄分が多いので、常用するとよい。これらには造血作用が著しい。ホウレンソウのおひたしなどは毎食とるようにしたい。
  3. ニンジンとヒジキ、ゴボウ、ネギなどをゴマ油で妙めたきんぴらゴボウは、腸を温め血液循環をよくする。
  4. 薬草茶としては、ヨモギ、ハブソウ、カワラヨモギ、クコなどを、よく煎じてお茶代わりに飲む。
  5. ゴマ塩番茶は炎症をいやし、神経の過敏性を鎮めるので、生理痛がある時に服用するとよい
薬効食品と自然療法
黒ごま
胃腸の機能を整え、血液浄化の作用が強い
レンコン
収れん作用があり、月経過多に有効
はまぐり
ビタミンB12が豊富で、貧血の解消に効果がある。
わかめ
ミネラルが多く、血液を弱アルカリ性に保つ。

漢方薬による生理痛対策

生理痛 | 完全ガイド – 漢方薬

更年期障害

暇な生活を送っている人に起こりやすい

更年期障害は男女問わずににおこるのですが、とくに女性の方が更年期障害を訴えやすいのが特徴です。その理由としては、次の点が考えられます。

ひとつには、閉経という特有な現象がおこること、もうひとつは、些細な障害にも心をふり向ける時間的余裕があることです。
毎月規則正しく訪れていた月経が乱れはじめ、出血期間や周期が長くなったり短くなったりする。そんな状態を1~3年経過した後、閉経という時期を迎えます。このことで、「私はもう女ではなくなったのだ」という感慨をもつ傾向がある。ですが、閉経したということは、母となり得る機能が完全にストップしたということだけで、別段、女性でなくなるわけではないのです。
仮に、母性であり得ることが女性であることの最大の資格であるという、生物学的論理を受け入れたとしても、それほど落胆するには及びません。

われわれは、生物学的存在としてのヒトであると同時に、文化的存在としての人間として生きているのです。閉経前か後かなどに関係なしに、生き方しだいで、もちろん大いに存在価値をもち得るのです。
どちらかといえば、高齢者においては、男性より女性のほうが元気がよいのです。

生命力が強く、順応性が高いからです。ただし、閉経が、何らかの障害と結びついた場合が問題になります。

次に、暇と不定愁訴との関係です。人間は有無をいわずやらなければならないことがあるときは、体に起きた些細な変調などにいちいち気をとられていられないものです。家事などは、やるべきことはいろいろあり、それなりに大変だが、長い経験で段どりよくできるし、自分の考えひとつで手抜きもできます。

というわけで、女性は自分の心や体の状態をじっくりみつめる時間があるのです。必然的に、男性より、欲求不満と微妙にからまり合った不定愁訴が生まれやすいと言えるでしょう。

更年期障害のからくり

たいていの女性は、初潮、結婚、妊娠、出産…とホルモン分泌の関門をくぐり抜けていきます。閉経もその関門のひとつで、この時期のみ、とくに障害がおこりやすいということはあり得ないのです。更年期障害がおこるのは、もっと別のところに根本原因があるはずです。
生理機能的にみると、更年期障害の直接的原因として次の3点が挙げられます。

  1. 性ホルモンの分泌不足
  2. 自律神経失調
  3. 精神的ストレスの影響

卵巣からは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2種のホルモンが分泌されており、女性らしさを生みだしたり、女性特有の機能を維持したりしています。

卵巣機能が年齢とともに低下してくることによって、これらのホルモンの分泌も減少します。このこと自体は自然の変化で、遅かれ早かれ、だれにでもおこることです。

ところが、卵巣機能の低下が急激におこると、体のいろいろな部位にあって互いに関連をもちながら働いている内分泌機能全体が混乱してしまうのです。もちろん、逆に、別の内分泌腺の機能低下がもとで内分泌機能の混乱がおき、それがもとになって、女性ホルモンの分泌が急激に減少することもあるのです。いずれにしても、内分泌機能の混乱がおこると、不安感が強くなったり、熱っぼい感じが抜けなかったりします。自律神経は、血管や内臓に分布している神経。

交感神経と副交感神経という相反する作用をもった2種の神経が、互いにバランスを保ちながら、それぞれの器官組織の機能を、そのときどきに必要な状態に保っています。

たとえば、胃腸においては、眠っている時は、その副交感神経が優位になって、機能旺盛になり、体成分の生合成が盛んにおこなわれます。
逆に、たとえば事業などで不渡手形をつかまされた時などには、悠長に食物のとりこみなどやっていられないから、交感神経が優位になって、胃液の分泌は非常に悪くなります。

この自律神経の機能が失調すると、いろいろな障害があらわれる。とくに中年以上になると、血行不順や動脈硬化などと重なりやすいため、のぼせ、冷え、頭痛、肩こり、不眠などの症状をおこしやすいのです。
また、この時期に精神的ストレスがおこりやすいのは、体全体が衰えてくる時期であり、それだけ抵抗力が弱っているせいです。

やたらにひがみっぼくなったり、体の変調を必要以上に訴えたりするようになる。イライラやヒステリーなどもおこりやすくなります。

子宮筋腫の手術は後にダメージが残りやすい

更年期障害のひとつに数えてもよさそうなのものに、子宮筋腫があります。というのは、思春期以前および更年期以降の発生が、まれだからです。

筋腫は通常、大きさがまちまちの球状の腫瘍として発育します。腫瘍は一個の時もあり、数個あるいは数十個の時もあります。悪性のものは「子宮肉腫」、良性のものは「子宮筋腫」といいます。筋腫は、はじめは子宮壁内に発生するが、その後の発育方向は、

  1. 子宮外面に向かって発育するもの
  2. 子宮壁内にとどまるもの
  3. 子宮腔に向かって発育するものの

の3タイプに分かれます。

子宮筋腫に特有の初期症状はあまりなく、軽度のうちは下腹部に圧迫感を感じるくらいで無症状のことがほとんどです。ところが、月経過多、不正出血が長びくことによってはじめて異常に気づき、放っておくと出血量が多くなって貧血になり、顔面蒼白となります。
貧血症で病院を訪れて筋腫が発見される例も、多数あります。

筋腫の発育が進むと、胃の不快感(ゲツプ)や排尿・排便障害などが出やすい。病院で筋腫が発見されると、「そんなに恐ろしい病気ではありませんよ。もうお子さんもいらっしやることだし、手術で早く治したほうがいいですよ」といわれることが多いのですが、手術のダメージにはかなり大きいものがあります。むろん、症状が極度に進行して、体の代謝が著しく鈍ったり、解毒力が極度に低下してしまって、体の機能を大きく損なうような段階に立ち至った場合には、万やむを得ず応急的な対症療法をおこなわなければならないのですが、しかし、これとてあくまでも必要悪としての一時的な処置であることを忘れてはなりません。
このへんの事情を勘違いして、すぐに現代医学の手術療法で即決しようとすると、後で大きなマイナスを背負うことになるでしょう。

脳・目・耳・皮膚などの衰えに積極的に取りたい食品

以上のように、更年期障害を大きくみると、「物質代謝の不均衡」と「生理機能全体の低下」によってひきおこされているといえるのです。
障害の実態はここにあるのであり、閉経ということ自体に問題があるわけではない。しかし、時期がくれば治るといって放置しておいてよいものではないのです。
物質代謝の不均衡や生理機能の低下は、食物のとり方が不適当な時におこる状態です。間違った食生活による障害は、年をとるほどあらわれやすくなるから、食物のとり方には、いっそう気を配ることが必要です。

その意味で、いろいろな健康食品をとることが必要です。だが、それだけでは不十分。健康状態を決定する最大の要因は、食生活のあり方で、健康食品の効き目も違ってくるのです。白米や肉、化学調味料などを常食する白米・肉食の食生活をしていては、「元の木阿弥」です。

牛乳、卵、白砂糖、もくあみの木阿弥」である。玄米・菜食に切り替えることが大切です。とくに主食に玄米をとることが重要です。玄米は、圧力釜を使えば、十分に軟らかく炊けるから、消化器に負担をかけすぎる心配もなく、各種の有効成分を補給でます。

豊富に含まれるビタミンB群は、自律神経機能の正常化にきわめて有効です。ビタミンEは、性ホルモンの分泌を促し、血行を滑らかにします。その他、リノール酸、パントテン酸など多彩な成分が、神経・ホルモンなどの調節機能を正常化します。

副食には、季節の野菜・海藻・小魚介類をとる。とくに、根菜類と海藻を積極的にとるようにします。根菜類は、冷えを防ぎます。海藻類には、カルシウムやヨード、リン、鉄など各種のミネラルが含まれており、脳や目、耳、皮膚などの衰えを防止する効果が著しいのです。

更年期障害の治療のポイント
  1. 精神の安定を保つ努力をする。人間や社会について洞察力を高めるようにして、無用なストレスに翻弄されないようにすること。
  2. 過食・偏食をやめる。料理は計画的につくり、残り物を食べるような状況をつくらない。いつも同じようなものを食べると代謝もかたよるから、バラエティーに富んだ献立を工夫する。
  3. 玄米・菜食に切り替える。根治の決め手である。玄米を主食にし、野菜・海藻・小魚介類を副食とする。それに体質に合った健康食品と薬草茶をプラスするのが、基本原則である。
  4. 根菜類を積極的にとる。温室野菜を常食していると、体が冷えやすく、自律神経のアンバランスもおきやすい
  5. 海藻を毎食とる。海藻は血液、神経、ホルモンの調節系の働きを健全にする。豊富なミネラルが、脳や感覚器の衰えを防止する。
薬効食品と自然療法
シャクヤク
根を5グラム煎服する。
トウキ
根を10グラム煎じて飲む。
アズキ
便通をよくし、浄血作用が大。味つけは自然塩や黒砂糖を用いる。
ゴマ
リノール酸、カルシウムが豊富で、脳神経を健全に保ち、老化を防ぐ。
漢方薬で更年期障害の症状を軽減するには

更年期障害