ミネラル

血糖値を安定させる微量元素 クロム

主成分
ピコリン酸クロム
効能
血糖値を安定させる。心臓病を防ぐ
副作用
まれに頭痛、不眠
副作用
腎臓障害のある人は症状が悪化する恐れも

安くてうまいは当たり前という世の中になって喜んだのも束の間、多くの人に糖尿病が忍び寄ってきました。気づけばわが国には、糖尿病有病者と糖尿病予備群は、いずれも約1,000万人と厚労省の調査で分かっています。

クロム 欠乏すると動脈硬化や心臓発作に

糖尿病は、まさに 国民病 となってしまった糖尿病。日米でその予防や治療に効くと騒がれている
のが、この クロム です。

さらに、

  • 血中コレステロール値を下げ
  • 脂肪燃焼に効果的

などとも宣伝されています。こういったキャッチコピーは本当でしょうか?

糖尿病になると、

  • しびれ
  • 痛み
  • インポテンツ
  • 網膜症
  • 腎不全
  • 足の壊症

などが合併症として襲ってきます。わが国では、糖尿病による網膜症で失明する人は50∼60 歳代の約 300 万人を超えています。糖尿病による腎不全から人工透析を必要とする人は、毎年1万2000 人ずつ増加しています。

これだけでも十分に恐いのに、それに拍車をかける事実が判明しています。ま九州大学の清原裕教授のグループが、福岡県久山町の住民800人を15年間追跡調査した結果を分析したところ、糖尿病やその予備軍の人は健康な人にくらべて、アルツハイマー病に4.6倍、脳梗塞に1.9倍、心筋梗塞に2.1倍かかりやすく、がんの死亡率も3.1倍になることが判明したのです。

まさに糖尿病は万病のもとです。 クロム は、人体に2 mg しか存在しない微量元素ですが、なくてはならないものです。 クロム が多く集まるのは、血液、肝臓、腎臓で、細胞内では遺伝子を保管する核に多く含まれます。

クロム は酸化の状態により3 価と6 価がありますが、3 価は糖の代謝に欠かせないものです。一方、6価クロムは、みずからが還元されて3価になりたがる性質があります。

すなわち、相手を酸化します。この相手というのが細胞膜、タンパク質、DNA、グルタチオンだったりするから、細胞膜は破壊され、酵素は機能しなくなり、DNAはダメージを受け、やがて突然変異を起こします。

抗酸化物質グルタチオンは活性酸素を分解できなくなります。6価クロムは猛毒であるばかりか、強力な発がん物質です。

同じクロムでも3 価だと人体に必須なのだから、妙です。その証拠に、もし動物に クロム が欠乏すると、ブドウ糖が適切に利用できなくなるため成長が止まったり、子どもを産めなくなったり、寿命が短くなってしまいます。

ヒトは クロム が欠乏すると、動脈硬化や心臓発作が多発することが疫学調査で明らかになっています。

血糖値をコントロールする

クロム のはたらきを理解するには、まず、生体で血糖値がどのようにコントロールされているのかを把握することが先決です。食事のあとに上がった血糖値を適切なレベルに下げるために、膵臓からインスリンというホルモンが放出されます。

インスリンは、全身の細胞にはたらいて、ブドウ糖を細胞内に取り込ませます。こうして血糖値が下がるのです。細胞内に取り込まれたブドウ糖はエネルギーとして利用されるが、余った分はグリコーゲンや脂肪に変換されて蓄積されます。

絶食や運動によって血糖値が下がると、膵臓から グルカゴン という別の ホルモン が放出されて血糖値が上がるのですが、この グルカゴン は肝臓に蓄えられた グリコーゲン を分解し、 ブドウ糖 を血液中に放出します。また、血糖値が急激に下がったり、怒りにかられたり、恐怖心を抱いたときにも、副腎からアドレナリンやコルチゾールが放出され、血糖値がすばやく上昇します。

血糖値を上げる グルカゴン 、 アドレナリン 、 コルチゾール 、逆に血糖値を下げる インスリン の適切なタイミングでの放出によって、生体の血糖値はほぼ一定に保たれています。

ところが、不幸なことに、多くの日本人は栄養バランスや生活習慣の乱れにより、このしくみに不調をきたしています。その結果、糖尿病は国民病となってしまいました。さらに、日本のほとんどの医師は気づくことなく、したがってマスコミもあまり報道していないのですが、血糖値の上がり下がりの激しい低血糖症も同じように蔓延しています。

血糖値の上がり下がりが激しい、ということは、大量のインスリンが分泌されているのです。インスリンは、細胞にブドウ糖を取り込ませ、それをグリコーゲンや脂肪に変換させるので、本質的に、人を太らせるホルモンです。しかも、血糖値の不安定さ、インスリンの効きにくさ(インスリン抵抗性)、肥満は、互いに強化しあい、悪循環を引き起こす三角関係です。

この「悪の三角形」の一角を打ち破れば、悪循環を好循環へと逆回転させることができるはずです。すなわち、インスリンの効きめを高めれば、血糖値が安定化し、肥満も防ぐことができます。

インスリンの効きめを高めるのが、 クロム を含んだ「ブドウ糖耐性因子」という物質です。この物質は1957年に、アメリカのウォルター・メッツとクラウス・シュワルツ両博士によって、ブタの腎臓から発見されました。

この ブドウ糖耐性因子 を 糖尿病ラット に注射すると、ラットの症状が著しく改善したのです。 クロム が糖尿病を改善するしくみは、こう推測されています。インスリンが細胞の外に突き出ている受容体にドッキングすると、クロムが細胞内に入ります。この クロム が細胞内のブドウ糖耐性因子にドッキングすることで、ブドウ糖が細胞に取り込まれます。このため、アメリカのクリニックでは、 クロム が肥満や糖尿病の治療に利用されているのです。 クロム のサプリメントが大事なのは、血糖値のコントロールに クロム が必須であるからです。

糖尿病に効く

アメリカ農務省のアンダーソン博士は、Ⅱ型糖尿病の男女180人を3つのグループにランダムに分け、ピコリン酸クロムを1日200  ㎍と1日1000 ㎍ 、そして偽薬を摂取するグループに分けて、血糖値と糖化ヘモグロビン値をくらべました。

2ヶ月後に、長期にわたる血糖値の安定性をしめす糖化ヘモグロビン億は、 クロム を1000 ㎍ を摂取したグループで大きく改善し、4ヶ月後には200 ㎍ を摂取したグループでも改善しました。

短期間の血糖値の安定性をしめす空腹時血糖値でも、1日1000 ㎍ 摂取したグループで改善がみられました。

もう1つの治験では、妊娠中だけ血糖値が高くなる妊娠糖尿病の患者30人に、体重 1 kg 当たり4~8 ㎍ の ピコリン酸クロム を8 週間摂取してもらったところ、血糖値とインスリン値が低下しました。

母子を糖尿病による健康リスクから救うことができるのです。インスリン抵抗性や高血糖は、心臓病を発症させるリスクファクターであることは言うまでもありません。だから、 クロム の摂取によってインスリンへの感受性を高め、高血糖を軽減するなら、、心臓病のリスクは下がるはずです。

1日 200 ㎍ が必要

3価の クロム は非常に安全です。 クロム の1日所要量は決定されていませんが、食事から1日200 ㎍ 以上の クロム の摂取が必要です。

アメリカの栄養療法の専門家は、インスリン抵抗性や低血糖症の治療に1日400~1000 ㎍のピコリン酸クロムの摂取を勧めています。

サプリからの1日400 ㎍ を超える ピコリン酸クロム の摂取は、医師と相談してから始めるのがよいでしょう。

精製したデンプン、精白した小麦粉の摂取によって、また、運動不足によっても、体内から クロム の排泄が促進します。炭酸カルシウムや制酸剤の使用によっても クロム が余計に失われる。現代人はクロム不足におちいりやすいので、サブリからの摂取が望ましいでしょう。

 

カリウム 心臓を守るが、諸刃の剣ともなる

主成分
アスコルビン酸ナトリウム、カリウム、クエン酸カリウムなど
効能
血圧を下げる、心臓マヒのリスクを軽減する
副作用
吐き気、嘔吐、お腹の不調、下痢など
注意
過剰摂取による高カリウム血症に注意

心臓の正常な鼓動に欠かせない

中高年になると気になるのが、高血圧や脳卒中の危険性です。この予防に効果的と、注目を浴びているのが カリウム です。カリウムは、フルーツ 、 芋 などに多く含まれます。

カリウム

カリウム

カリウム は、化学的によく似た元素である ナトリウム と対になって人体に働きます。両者で異なるのは人体での含有量で、カリウムのほうがナトリウムよりも多くなります。

たとえば、体重60 kgの人には約120(0 .2 %) グラムのナトリウムが、そして約2 g(0 .4 %) のカリウムがあります。

ナトリウム は 血液 や リンパ液 などの体液の水素イオン漉度を中性に保ち、浸透圧を一定に維持しています。

同じように、 カリウムは 細胞の水素イオン濃度と浸透圧を一定に維持しています。細胞の内側にあるカリウムの濃度は外側の30倍も高くなっているのです。

一方、ナトリウムは外側の濃度が内側の10倍になつている。細胞膜を境に カリウム と ナトリウム は著しい濃度差があることがわかります。この濃度差によって、膜の内側がマイナス、外側がプラスに帯電しているのです。これを「膜電位」といいます。

水は高きより低きに流れます。同じように、物質は濃度の高いところから低いところに移動するから、最初に濃度が違っていたとしても、そこに特別な力がはたらかなければ、いずれ濃度差はなくなります。

膜電位はゼロになるはずなです。しかし、ヒトが生きている限り、決してそうはならなりません。細胞膜に埋まっているナトリウム・カリウムポンプという酵素がまるで回転ドアのようにはたらき、ナトリウムを膜の外側に排出する一方で、カリウムを膜の内側に取り込んでいるからです。

この回転ドアをまわすのに必要なエネルギーをATP ( アデノシン三リン酸)が支払っています。

成人の場合、基礎代謝の20〜40 %がこの回転ドアの稼動に消費されています。じっに大量のエネルギーが、膜電位を発生させるのに消費されているものだと感心します。

ヒトの命を守るために、ナトリウム・カリウムの濃度差がいかに大切であるかということです。また、神経細胞の膜の内外でナトリウムやカリウムを出し入れすることで、電気信号が発生します。

これを連続して行うから、神経細胞のある箇所に発生した電気信号を別の箇所に伝えることができるのです。

同じように、筋肉の収縮や心臓の鼓動も電気信号の伝達によって起こります。また、糖類を体内の酵素で化学変化させて(これを「代謝」という) エネルギーをつくる途中で、ピルビン酸ができます。このピルビン酸にリン酸をくつつけるピルビン酸キナーゼという酵素もカリウムを必要とします。

カリウムがいかに大切な元素であるかがわかります。

低カリウム血症に注意

これほど重要な カリウム が生体で不足することがあります。これを「低カリウム血症」といいます。そうなると膜電位が不安定になり、細胞はブドウ糖を取り込むことができなくなるから、エネルギー不足におちいります。

疲労感に襲われ、やる気がなくなり、筋肉だって弱体化します。そのうえ、こむらがえり、便秘や腹痛などの不快な症状も発生します。さらに深刻になると、けいれんや心臓のリズムが乱れ、不整脈まで起きます。

低カリウム血症は、長期にわたる嘔吐やチアジド系利尿薬の使用、アルコール中毒、腎臓障害、代謝異常などで発生しやすくなります。重要なのは、 ナトリウム と カリウム のバランスをとることです。

もし ナトリウム の摂取が多すぎると、このバランスが崩れてしまいます。わたしたちが生きるのに必要な塩分(ナトリウム) は、1日に約3 gもあれば十分です。しかし、この目標値を忠実に守った食事だと、薄味に感じて食欲が湧かないでしょう。

そこで、ついつい塩分を加えてしまう。こうして「ナトリウム過多、カリウム不足」となり、血圧が上昇します。この状況を改善するには、ナトリウムを減らす減塩か、カリウムを増やすかの2 つの対策が考えられます。

後者の、カリウム摂取によって血圧を下げる多くの治験が行われてきました。

心臓マヒのリスクを軽減する

カリウム の摂取量を増やすと、心臓マヒのリスクが減少します。こんな興味深い疫学調査の結果がいくつも報告されています。

そのひとつ、1998年にハーバード大学のアッシュエリノ教授が「循環器」誌に発表した論文です。教授は、心臓病や糖尿病を発症していない健康な、40〜75歳のアメリカ人男性4万3738人を8年間にわたって追跡調査しました。

その結果、食事から摂取するカリウムが1日平均4300 mg という上位2 割のグループの心臓発作の発生リスクは、2400 mg  摂取という下位2割のグループの62 %でした。

この論文から得られる結論は、 カリウム の豊かな供給源である野菜と果物の摂取を少し増やすだけで、高血圧の人やそれまでカリウム摂取量の少なかった人は、心臓発作のリスクを大幅に減らすことができるということです。

血圧を下げる

カリウムの摂取量を増やすと血圧も下があります。ジョーンズホプキンス大学医学部のウェルトン教授は、1995年7 月までに英文で発表されたカリウム摂取の血圧への影響に関する論文から2609人の被験者を対象にした33の治験データを取り出して、メタアナリシスを実行しました。

メタアナリシスとは、過去の複数の治験データをまとめて統計処理を行い、薬の効果を判定する手投です。
こうして発表された論文には説得力があり、信頼度は非常に高いものです。同教授はこの結果を、1997年の「米国医学会」誌に次のように報告しました。1日 2300~3900 mg の塩化カリウム摂取によって、正常血圧の人は血圧が平均3.1  mHg、高血圧の人は平均4.4  mHg 低下します。

同教授は論文のなかで、「カリウム摂取量が少ないと、高血圧が発生することが証明されました。したがって高血圧の治療には、カリウム摂取を勧めるべきである」と結論しました。

降圧剤の前にカリウムをしっかり摂る 薬の前にまだやれることがある

 

カリウム は、用法・用量を超えると危険

カリウム 摂取による血圧降下がハッキリしたとはいえ、やみくもに飲んでは危険です。吐き気や嘔吐、お腹の不調、下痢などの副作用が起こりうるからです。それでも飲みつづけて血中のカリウム値が異常に高くなる「高カリウム血症」になると、さらに探刻です。

脱力感におそわれ、手足や口がしびれ、マヒします。さらに重症化すると、脈拍が乱れて不整脈となり、心臓マヒで死ぬ恐れもあるのです。高カリウム血症は恐ろしい症状なのです。

その高カリウム血症が発生しやすいケースは以下のとおりです。注意しなければいけません。

  1. カリウム摂取量が腎臓の排出能力を上回った場合
  2. 腎臓機能が低下した場合
  3. 高血圧の治療にスピロノラクトン トリアムテレン カンレノ酸カリウム にに代表されるカリウム保持性利尿薬を摂取していた場合
  4. たとえ腎臓機能が正常であっても一度に18 g 以上を摂取した場合

カリウムは用法・用量を守らねば「諸刃の剣」となります。間違っても高血圧の処方薬とカリウムサプリを併用してはなりません。