胆のう炎・胆管炎

病気の原因と症状

胆のう炎、胆管炎とは、肝臓でつくられた胆汁が流れていく胆のうや胆管に細菌が入って炎症を起こし、腫れている状態をいいます。症状は、先に紹介した胆石症と似ていて、上腹部の痛みがあったり、悪寒や発熱があります。

普通、胆のうや胆管には細菌がいなくて、清潔な状態に保たれているのですが、胆石によって傷ついていたり、胆汁の流れが悪くなったりすることで、胆汁の流出先となる十二指腸などから細菌が入り込んで、感染を起こすことがあります。そして、胆のう炎や胆管炎では胆石を合併していることが多くあります。この場合、まずは体を安静にしておくことが第一ですが、胆石症と同じように、脂肪分を控えた食事療法が必要になります。

胆のう炎・胆管炎の食事療法について

炎症が緩和されて回復してきたら、食事療法を始めます。流動食から始めて、粥食、ご飯食へとだんだん移行していきます。

脂肪を抑えた食事にする

脂質の摂り過ぎは胆のうの収縮とけいれん発作を促進するので、基本的に、症状が安定してきても低脂肪の食事にしておきます。

ただ、長期にわたって脂質をきつく制限すると、かえって胆汁の排泄が悪くなり、胆道の洗浄作用が低くなります。そして、これにより細菌が繁殖しやすくなってしまいます。極端な低脂肪食は必須脂肪酸の摂取不足や脂溶性ビタミンの吸収を阻害するので、植物性の油を大さじ1杯くらいは摂ると良いでしょう。

刺激物は控える

アルコールやカフェイン飲料、炭酸飲料、それから香辛料などの摂り過ぎは、胆のうの収縮を促進して発作を誘います。ですから、これらの嗜好品や刺激物は安定期に控えめに摂るようにして、発作が起きた時には摂取してはいけません。

規則正しくバランス良く食べる

食事と食事との時間の間隔が長くなると、食べものが長時間、十二指腸を通らないので、それによって胆汁が胆のう内で濃縮される時間も長くなります。これが胆のう内の圧を上げ、発作の誘因となることがあります。食事は規則正しく食べ、内容については、さまざまな栄養素のバランスがとれたものにしましょう。

調理のコツ

消化が良くて、脂肪が少ない料理を組み合わせたメニューが理想です。肉や魚は脂肪が少ない部位を選んで使いましょう。調理法は、蒸す、茹でる、煮る、焼くがおすすめ。炒めものは控えめで、揚げものは避けます。油が多く使われているものもあるので、加工食品やインスタント食品は避けましょう。

胆石症

病気の原因と症状

胆石症とは、胆のうや胆管という場所に石ができてしまう病気のことをいいます。

胆のうというのは、肝臓でつくられた胆汁を濃縮して溜めておく袋のようなものです。胆汁は消化液となるもので、胆のうから胆管を経て、十二指腸へと流れていきます。

胆汁中の成分からできる石で、その多くが胆のうでできるので胆石(胆のう内結石)といわれるのですが、胆石は、コレステロール系とビリルビン系の2種類に大きく分けられます。近年では胆管内よりも胆のう内にできやすいコレステロールを主成分とした胆石が増えているといわれています。

肝臓は脂肪を分解する胆汁酸とコレステロール、それとビリルビンという胆汁色素を原料にして胆汁をつくります。そこで、コレステロールが増えすぎるとほかの成分とのバランスが崩れ、溶けきれないコレステロールが結晶化して、どんどん大きくなって胆石になります。

コレステロール系の胆石の原因には、コレステロール値の高い食品の摂取量が多いこと、脂肪の摂り過ぎが考えられます。これは、日本の食生活が欧米化したためでしょう。

もう一方のビリルビン系の胆石では、大腸菌などの細菌感染が原因であるといわれています。また、胃や肝臓、心臓弁の手術後にできる場合が多いともいわれていますが、こちらの原因はまだ明らかではありません。

胆石には、まだ石になる前の段階の胆砂(たんさ)と呼ばれるものから、10円玉くらいの大きさのものまであります。

症状を伴う胆石症は、大部分が胆のうから胆管に石が移動することによって起こります。 胆石が小さいと何の障害も起こすことなく、小腸に排出されるか胆管内にとどまっています。しかし、胆のうから胆管内へと移動する途中で、石が胆管を塞いでしまうと問題となるのです。

症状には、吐き気や嘔吐、みぞおちや右脇腹に激しい痛みがあらわれます。大量の汗をかき、背中や腰にも痛みが出ます。右腹部の激しい痛みは胆石疝痛といわれ、キリキリとさしこむような痛みが突然起こります。この痛みは、通常30分から数時間ほど続き、やがては消えていきますが、すべての人にあらわれるわけではなく、なんとなく鈍痛を感じる程度の人もいるといいます。

一方では、胆のう内にとどまっている限り長時間何の症状も無い胆石があり、これを無症状胆石症といいます。胆石患者の多くがこの無症状の胆石で、人間ドックなどの検査で発見されることが多く、このうち症状があらわれる人はほんの数パーセントだともいわれています。

肝臓から流れてくる胆汁が胆石によってせき止められてしまえば、目や皮膚に黄疸が出ることもあります。生命にかかわる危険な状態になる可能性もありますので、早めに受診したほうが良いでしょう。

胆石症の食事療法について

胆石は、食事療法をおこなったところで、溶かしたり除去したりすることはできません。食事療法をおこなうのは、胆石を予防すること、石ができても疝痛が起きないようにすること、再発させないことが目的です。脂肪分やコレステロールは胆石をつくりやすいので、これらを制限して予防していくことが大切になります。
次のようなことが、食事療法のポイントです。

脂質は最低必要量にすること

コレステロールが多くならないようにすること

食物繊維をしっかり摂ること

刺激物を控えること

調理のコツ

脂肪を控えたメニューを考えます。油を使った調理では揚げ物は避け、炒め物やドレッシングなど植物油を使う場合も、控えめにしておきます。

肉は脂身の多い部位は避け、ヒレやモモ肉を使いましょう。魚も脂ののった青身魚は避けましょう。

肝硬変

病気の原因と症状

肝臓の病気を先に紹介しましたが、さまざまな肝臓病の行き着く先が肝硬変(かんこうへん)です。肝硬変には、大きく分けて代償性肝硬変と非代償性肝硬変があります。

症状については、代償性の場合、慢性肝炎のような全身倦怠感や食欲不振があります。肝臓は一応はたらいていて、栄養素の代謝がおこなわれます。もう一方の非代償性の場合は、肝臓の機能が著しく低下して、クモ状血管腫やむくみ、腹水、脾臓の腫れが起こったり、意識障害や神経症状などが現れます。

原因については、いずれの肝硬変も、80パーセントくらいはウイルスによるものですが、そのうちの3分の2はC型で、残りがB型だといわれています。

肝臓病というとアルコールの飲み過ぎだと考える人が多いと思いますが、実際にアルコールが原因とされているのは、全体の20パーセントくらいだといいます。ですから、飲まない人はお酒を飲まないから大丈夫、ということにはならないのです。

肝硬変の食事療法について

肝硬変では、病気の進行や悪化をいかに防ぐことができるかが治療の中心となります。非代償性の肝硬変であれば代償期の状態まで立ち直るように、また、代償性の肝硬変であればその状態をできるだけ保つようにします。目標は普通に生活が送れるようにすることで、もちろん食事療法も必要です。その内容は、次のようになります。

代償性肝硬変の場合

  • しっかり食べる
  • 一般に食欲が低下しますが、しっかり食べてエネルギー不足を防ぎます。不足するとタンパク質が利用されて、本来のはたらきをしなくなります。

  • 油は普通に摂ってよい
  • 肝硬変では胆汁があまり生成されず油の消化能力は低下しています。しかし、摂り過ぎに気をつけていれば特に制限しなくてもよいです。

  • 質の良いタンパク質を摂る
  • 昔はタンパク質の量が制限されていましたが、現在では積極的に摂って肝臓の栄養状態を良くする高タンパク食がすすめられています。また、各種ビタミン、ミネラルも肝臓の機能維持のために必要です。

非代償性肝硬変の場合

  • 糖質を主にじゅうぶんなエネルギーを補給する
  • 脂肪とタンパク質が制限されるので、糖質を主にエネルギーを補給します。デザートや菓子類、砂糖、果糖などを間食に食べたりして、肝臓の栄養状態を良くしましょう。

  • 油はできるだけ摂らない
  • 油をほとんど使わないで調理します。おひたしや煮もの、酢のものなどがよいでしょう。胆汁の生成がとても悪く脂肪の消化能力も低下しているので、脂肪は少なめにしましょう。

  • タンパク質を制限する
  • 代償期とは逆に、できるだけタンパク質を制限します。タンパク質が多くなると、アンモニアが上昇し意識障害が悪化することがあります。

  • 小分けに食べて肝臓への負担を軽くする
  • 食欲低下で一度に食べられないのをカバーしたり、消化器官の負担を軽くするために、食事は何回にも分けて食べましょう。さらに、やわらかく消化の良いものを選ぶと良いです。

調理のコツ

食欲がなくても食べやすいメニューを考えます。丼もの、寿司、麺類、サンドイッチなど、主食とタンパク質が一緒に摂れるものがおすすめです。むくみや腹水を予防するために、塩分を控え薄味にしましょう。

脂肪肝

病気の原因と症状

脂肪肝とは、文字どおり肝臓に中性脂肪がたっぷりとついてしまった状態をいいます。脂肪肝の一般的な症状や検査結果は慢性肝炎と似ていることから、なかなか診断が難しいこともあるのです。

脂肪肝の症状には特徴的なものは特に無いのですが、病気の状態がとても悪いと疲労感を訴えます。ほかに肝臓が腫れることもありますが、程度は軽いものです。肝機能の数値もそれほど悪い値を示しません。

おもな原因としては、食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎや、運動不足、肥満などがあります。治療はそれぞれに準じ、その原因の除去が主です。つまり、アルコールが原因となっていれば禁酒が、肥満が原因となっていれば標準体重に近づけることが治療となります。

こうして原因が除去できれば、特別な薬剤などは必要ありません。

食事で摂った脂質は小腸で吸収されて肝臓で脂肪酸に分解され、糖質はブドウ糖に分解されて、小腸から吸収されたあと肝臓で中性脂肪に変化します。摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが取れていればよいのですが、脂質や糖質を摂り過ぎていて、さらに運動不足の場合だと、使いきれなかった脂肪酸やブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄えられます。

アルコールの摂り過ぎでも肝臓に中性脂肪がたまります。また、肥満になると肝臓での脂肪酸の燃焼が悪くなるので、やはり肝臓に中性脂肪がたまり、脂肪肝となります。

私たち日本人の脂肪肝の原因で多いのは、飲み過ぎよりも食べ過ぎのほうです。この非アルコール性の脂肪肝には、症状が改善しやすい軽症タイプと、重症タイプのふたつがあって、重症タイプをそのまま放置すると肝硬変や肝細胞ガンへ進行することがわかっています。決して脂肪肝の人みんなが重症化するわけではないのですが、早期発見して原因となる生活習慣や肥満を改善することが重要です。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)

脂肪肝の食事療法について

脂肪肝の原因を除去することが基本です。原因はいくつかありますが、どの場合でも食事の改善や運動が基本となり、効果も上がりやすいのです。脂肪のほか、糖質の摂り過ぎにも注意しましょう。

減食でまずは体重を落とす

脂肪肝と診断される人には肥満を合併しているケースが多いようです。これには、食事を減らして体重も減らすことが第一です。もし、肥満でない場合にも、摂取エネルギーを少なめにすることが大切です。

肝臓病だからといって、高カロリー・高タンパク食の人がいると思いますが、脂肪肝の場合には、まったくの逆療法となります。エネルギーが不足すると、それを補うために肝臓に蓄えられた脂質が分解され、脂質が除去されるので、重要なのは、体内にエネルギー不足の状態をつくることです。

アルコールは禁止する

アルコールが原因の場合、当然禁酒です。アルコールは肝臓に負担になるし、脂肪に合成されやすい性質があります。

アルコールには、日本酒、焼酎、ビール、ウイスキーなどさまざまな種類があります。ウイスキーや焼酎は蒸留酒で糖質が含まれないので飲んでも良しという話しもあるようですが、それは間違いです。アルコール類すべてに含まれているエチルアルコールの作用が問題となるので、たとえ糖質が含まれていなくても、たいして意味がありません。

調理のコツ

タンパク質が不足しないようにすることも大切ですが、摂り過ぎにも気をつけましょう。油を使わずにエネルギーが少なくて済む、煮る、蒸す、焼くといった調理法が良いです。野菜とタンパク質を含む食品をうまく組み合わせ、ボリュームが出るよう工夫しましょう。

肝炎

病気の原因と症状

肝臓は、消化液となる胆汁をつくったり、栄養素の合成と処理をおこなったり、体の解毒をしたりなどさまざまなはたらきをする、とても重要な臓器です。

肝臓は大きな力を貯えているので、病気で肝臓の80パーセント以上が壊れたとしてもはたらき続けることができるといわれています。病気になっても症状が出にくいことから、別名「沈黙の臓器」とも呼ばれることがあります。肝臓は再生力の強い臓器ですが、炎症が慢性化すると元に戻らなくなるので、日頃からいたわっておくことが必要です。

肝炎とは、肝臓が炎症を起こすことをいいます。肝炎には、急性肝炎と慢性肝炎があります。おもな原因となるのは、ウイルスによる感染です。代表的なウイルスには、食べものや飲みものから経口感染するA型肝炎、血液や体液を通じて感染するB型肝炎、そして、口を通じてからもそうでなくても感染するC型肝炎があげられ、このように、それぞれ感染ルートが違います。

症状は風邪によく似ていて、おもなものには体のだるさ、食欲不振、発熱、吐き気などがあり、ほかに白目や皮膚が黄色っぽくなる黄疸(おうだん)などが出ることもあるのですが、症状はウイルスに感染してから数週間から数カ月後に現れます。急性肝炎では発症から10日から2週間前後がピークで、あとは徐々に軽減していきます。慢性肝炎の急性期も同じような症状ですが、安定期では、自覚症状が無いこともあります。

A型はほとんどが急性肝炎で、慢性化に至ることはありません。しかし、B型ではおよそ10%、C型では30~40%が慢性化して、悪化すると肝硬変になることもあるのです。

肝炎の食事療法について

ウイルスに対する抵抗力を高めて、肝細胞が修復しやすいよう、積極的に栄養を補給しましょう。

炎症が起きたときは消化の良いものを摂る

初期は食欲がなく、消化・吸収力も低下しているので、口あたりや消化の良いものにしましょう。おかゆなど糖質中心の食事となりますが、この時点ではこれでよいです。軽快してきたら、しっかり栄養を摂りましょう。

エネルギー量は多くても少なくてもダメ

肝臓が一日に必要とするエネルギー量を満たすことが必要です。エネルギーの不足は肝臓の回復を妨げますが、逆に過多になると脂肪肝となって、肝臓の機能が低下してしまいます。

ビタミン・ミネラルをじゅうぶん摂る

肝臓では多くの代謝がおこなわれていますが、その補助をするのがさまざまなビタミン・ミネラル類です。いろんな食品をまんべんなく食べて、肝臓の代謝を良くしましょう。

症状に合わせタンパク質を摂る

肝臓機能の回復を早めるために、基本的にタンパク質をじゅうぶん補給しましょう。安定期には、動物性も植物性も両方摂る高タンパク質食が良いです。ただ、増悪期の検査値が高いときには、控えめにします。

調理のコツ

バランスの良い食事を基本に、タンパク質を含む一品があると良いです。緑黄色野菜をたくさん摂りましょう。油は、動物性ではなく植物油を使いましょう。

胃・十二指腸潰瘍

病気の原因と症状

潰瘍(かいよう)とは、胃などの消化管の壁の粘膜や粘膜下層、筋層などの部分にできる深い傷のことです。つまり、胃・十二指腸潰瘍というのは、胃や十二指腸の壁に傷ができることをいいます。十二指腸の粘膜は薄くて、出血したり穴があいてしまうこともあります。

私たちが食べものを食べると、口から入った食べものは食道を通って胃へ進みます。胃は、その食べものをドロドロにやわらかくして吸収しやすくする「消化」というはたらきをしています。食べたものは、胃の中で5時間近くゆっくり時間をかけて消化されます。

十二指腸というのは、胃と小腸をつないでいる器官です。十二指腸という名は、指12本を横に並べた長さだということに由来しているそうですが、実際にはもっと長さがあります。胃で消化された食べものに、すい臓から分泌されるすい液や胆のうから分泌される胆汁などの消化液を混ぜて、小腸へと送るはたらきをしています。

症状の出方は潰瘍が発生する場所によって違いがありますが、十二指腸やその周辺に潰瘍ができた場合、空腹時に痛みが出て、食後に穏やかになるという特徴があります。食道や腸に近いところに潰瘍ができた場合には、痛みが30分以上続くこともあるといいます。こうした痛みが毎日周期的にあらわれて数週間も続き、その後に消えますが、数ヶ月後から数年後には再び症状があらわれることもあるのです。

原因となるのは、胃から分泌される胃酸の影響を受けることです。消化液である胃酸にはタンパク質の分解作用があって肉や魚、卵などのタンパク質食品を消化しています。ただ、人間の消化管もタンパク質でできていて自己消化の危険があるのですが、粘膜がそれを防御しているのです。 それなのにストレスをうけたり、食事、喫煙、薬剤などの影響によって、粘膜を守るはたらきが弱まり、胃酸が胃や十二指腸の粘膜を溶かしてしまいます。

胃・十二指腸潰瘍の食事療法について

食事で栄養素を積極的に補給して、粘膜を修復し、抵抗性を上げることが一番の目標です。

早めに普通食に戻す

症状が治まったら、できるだけ早く普段のご飯食へと移行しましょう。いつまでもおかゆを食べていると栄養素の補給がじゅうぶんに行われず、栄養状態が悪いので、潰瘍部の修復が遅れてしまいます。あまり神経質にならなくてよいです。

消化の良いものを食べる

できるだけ消化の良い食品や調理法を選びましょう。かたいものや消化の悪い繊維質のものは避け、胃の中にいつまでも食べものが留まらないようにします。

栄養バランスの良いものを摂取する

消化管の粘膜の材料となるタンパク質やミネラル、また、代謝を調整するビタミンなどをじゅうぶんに摂りましょう。

調理のコツ

胃・十二指腸潰瘍に対しての食事では、バランスが良くて消化の良いメニューにします。調理法は、煮る、蒸す、茹でるが良いです。

食材は、肉類では脂肪が少ない鶏ささみ、牛肉や豚肉なら赤身が良いです。魚介類では新鮮な魚が良く、タコ、イカ、貝類、干ものは消化が悪いので避けましょう。卵、乳製品、豆製品は消化が良いので、上手に取り入れましょう。

症状が強いときには、酸味の強い柑橘類は避けてください。熱すぎるものも刺激になりますので、気をつけましょう。